コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 赤字を埋め合わせるために・・・

赤字を埋め合わせるために・・・

あなたは、「赤字を埋め合わせるためにお金を貸してほしい」と誰かに言われて、貸すでしょうか。

 

赤字を埋めるための資金なんて、貸したくないですよね。赤字を埋めるための資金は、返ってくる見込みが薄いので、銀行としても、融資したくないのです。銀行は、返してもらってナンボなのです。返ってくる見込みの薄い資金は貸したくないのです。

 

しかし、経営者側に立つと、そのような感覚がなくなりがちです。

 

銀行は、お金を貸してくれるところと思いがちなのですが、そうではなく、「返ってくる」お金を貸してくれるところなのです。

 

それではどうしたらいいでしょうか。

 

お金が返ってくるように、銀行に思ってもらえばいいですよね。

 

赤字であれば、どのように黒字にするか、それを経営計画書の形にして、銀行に説明することによって、融資が受けやすくなるのです。

 

銀行は、出した融資は、はたして返ってくるのか、それを一番、心配しています。銀行に安心してもらえるように、資料をしっかり作る必要があるのです。

 

経営計画書の形がいいでしょう。赤字を埋め合わせるためにお金を借りる、そんな考えではだめです。

 

赤字をどうやって黒字にするか、綿密に経営計画を立てる、その計画を推進していくために、資金を潤沢にできる方法を探っていく、そのような考えでなければ、単なる「いきあたりばったり」になってしまいます。

 

赤字の解決方法は、借りることではありません。黒字にするためにどうしたらよいか、対策を考えることです。

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう