コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 賞与資金の季節

賞与資金の季節

12月は賞与の季節です。

賞与は、一時的に大きな金額が出てしまうので、資金繰りを安定させるために、融資で受けることも考えた方がいいでしょう。

資金繰り表を作って、賞与を出すことにより資金繰りに与えられる影響を見ることをお勧めします。

賞与資金は、銀行が融資を出しやすい資金の一つです。

それは次の理由によります。

・賞与資金は6ヶ月の返済条件とされる。なぜなら、次回賞与までに返済が終わってないといけないからである。返済期間が短いので、銀行としてはリスクが小さい。

・資金使途(資金の使い道)が明確である。銀行は資金使途が明確である資金は融資を出しやすい。

このような理由から、「賞与資金として借りたいが・・・」と銀行に話をしやすいです。

また賞与資金として融資は出やすいので、銀行から融資を受けていない会社が、銀行と融資取引を開始するきっかけ作りともなります。

賞与資金として融資を受けて、返済をしっかり行えば、実績ができ、その後はもっと長期の融資を受けやすくなります。

今が、銀行にアプローチするには一番いいタイミングではないでしょうか。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう