コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 赤字垂れ流し

赤字垂れ流し

例をあげます。架空の企業です。

平成19年7月決算売上300百万円当期利益3百万円
(当期利益本当は△15百万円であるが、粉飾により黒字。恒常的赤字体質)

このように粉飾決算を行っていて、それで普通は受けられない融資が受けられたとします。例えば、この決算書で平成19年10月に30百万円の融資を受けられたとし、また既存の融資返済が毎月1百万円あり、利益額がそのまま現金預金の流入・流出額だとし、他に新規借入ができなかったとすると、

平成19年10月 新規借入30百万円残り預金32百万円
平成19年11月 利益△3百万円 残り預金28百万円
平成19年12月 利益△3百万円 残り預金24百万円
平成20年1月 利益△5百万円 残り預金18百万円
平成20年2月 利益△4百万円 残り預金13百万円
平成20年3月 利益△4百万円 残り預金8百万円
平成20年4月 利益△2百万円 残り預金5百万円
平成20年5月 利益△3百万円 残り預金1百万円

となり、平成20年6月、

「今月の社員への給料が払えない、どうしよう・・・」

と、やっと、私どもにご相談にこられる・・・

このような経営者、本当に多くいらっしゃいます。

この企業は、一時的に赤字が出たというわけではなく、恒常的に赤字体質であり、それに気づいた時点で、すぐにでも黒字化体質にしようと、対策を練らなければなりません。

その対策を経営者で練ることができなければ、私どもに、どうしたらよいか、相談に来ていただければよいのです。

上記の例で言えば、平成19年12月にでも相談にきてもらえれば、預金24百万円の中で会社立て直しをスタートできるため、余裕をもって再生に取組めます。

しかし、平成20年6月、あと預金が1百万円になった時点で、やっと相談にくる・・・

遅すぎだと思いませんか?

粉飾決算をやって、借入ができてしまったばっかりに、安心してしまった経営者は黒字化対策を遅らせてしまっています。

だから私は、このメルマガなどで口すっぱく、「粉飾決算はやるな!」ということを申しあげているのです。

粉飾決算を行うと、通常では受けることができない融資が受けられてしまうので、経営者は安心してしまい、対策が遅れてしまうのです。

粉飾決算は犯罪行為(詐欺罪)ですが、それを除いて考えても、上記企業の例で言えば、融資30百万円を、いかに無駄(赤字の補てん)に使っているのか、分かっていただけるのではないでしょうか。

融資を30百万円出してしまった銀行に同情してしまいます。(粉飾決算を見抜けない銀行も悪いのですが、粉飾決算をやって30百万円を引っぱった経営者はもっと悪いです。)

今の赤字体質が今後も続けば、自分の会社は3ヵ月後、6ヵ月後、1年後、どういう状況になってしまうのか、想像してみてはいかがでしょうか。

その答えは「破綻」です。

重い病気を、治療せずにほっておくと死んでしまうように、企業にとって重い病気は「赤字体質」です。すぐに治療しないと、会社は破綻してしまいます。

あなたの会社は、このまま破綻してしまってもいいのですか?

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう