コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 定期預金を解約できるか?

定期預金を解約できるか?

融資を受けている銀行において、企業としては定期預金は作らないのが原則です。ただ融資をしている銀行としては、保全の一つ、つまり返済ができなくなった時にすぐに相殺できるように、定期預金を作ってくれ、と言ってきます。

 

そうやってやむを得ず、定期預金を作ることも多いでしょう。融資を受けている銀行においての定期預金は、次の2つの形があります。

 

・担保としてとられている定期預金

・フリー定期預金

 

定期預金を担保とするには、質権設定契約書を交わし、定期預金の通帳や証書を銀行に差し出します。定期預金が担保とされているのかどうか分からなければ、自分の会社に定期預金の通帳や証書がなければ、その定期預金は銀行に担保として出している、と考えることができます。

 

またフリー定期預金とは、担保としていない定期預金のことです。通常の定期預金です。定期預金の通帳や証書が手元にあるのであれば、それはフリー定期預金です。

 

定期預金は、担保としているのであれば、融資が返済されないかぎり解約することはできません。解約して運転資金として使いたくても、銀行は担保を外してくれず、解約することは困難です。

 

しかし、フリー定期預金は担保となっていないため、企業側の意向で、解約することができます。

 

しかし、そのような定期預金を解約しようと思って銀行の窓口に行っても、後ろから預金係の役席行員が出てきて、解約したい理由を尋ねられ、解約を引き止められるケースが多いでしょう。なぜなら銀行では、そのようなルールになっているからです。私のいた銀行もそうでした。

 

融資先企業が、定期預金を解約したいと言ってきた場合、窓口の行員(テラーと言います)ではなく、役席対応、と銀行内のマニュアルに書いてあります。理由はもちろん、融資先企業が融資返済できなくなった時のための保全を確保しておくためです。

 

例えば、ある銀行で5,000万円、融資を受けているとします。

 

その銀行に、普通預金500万円、定期預金(フリー)2,000万円あったとします。

 

普通預金は企業側が簡単に引き出せてしまうため、返済できなくなった際は残高0円となっているでしょうが、定期預金は簡単に引き出せないため、返済できなくなった際にそれは相殺対象とすることができ、つまり保全を図ることができるのです。

 

しかし、フリー定期預金の解約はあくまで、預金者の自由です。フリー定期預金を解約しようとして銀行の引止めに合ったら、粘り強く話していくしかありません。銀行の窓口に1回解約に行って、解約させてくれなくても、日をあらためてもう1回、解約に行ってください。

 

だいたい1回であきらめてしまうから、フリー定期預金は解約できない、と思い込んでしまうのです。私が銀行員時代、法人営業を行っていて、担当していたある企業に、融資1億円の残高がありました。その企業には、一方で定期預金を5,000万円作ってもらっていました。ただ、ある日、その会社の財務担当者が、銀行の窓口に定期預金の解約の手続きに来たのです。

 

その時は預金係の役席の方で、解約を引き止めてもらいました。

 

ただ後日、その財務担当者がまた、定期預金の解約をしたいと言って銀行の窓口に来ました。その時は、どうしても粘られたので、預金係の役席の方で、後日、御社の担当者(私のこと)が事情を伺いに御社に行くから、今日のところは引き取ってほしいと言って、なんとか帰ってもらいました。

 

そして後日、私と、私の上司(得意先係役席)とで、その会社を訪問し、定期預金の解約は待ってほしい、という話をしました。しかしそこでも粘り強く、解約したいと言われたので、私たちは支店長の判断を仰ぐことにしました。そして、やむをえないであろうということで、定期預金を解約しました。

 

そういったことがあった後の3ヶ月後、私は銀行を退職しましたが、そのまた3ヶ月後、その会社が倒産した、というニュースを私は聞き、がく然としたことを覚えています。このように、担保となっていない定期預金、つまりフリー定期預金は、企業側の都合で自由に解約できるのです。

 

逆を言うと、融資を受けている銀行で定期預金を作ろうとする行為は、極力避けるべきです。納税資金の確保のためなど、定期積金を行うことも同じです。いっとき、現金預金が豊富で定期預金を作りたいと思っても、それは融資を受けていない銀行にて行うべきです。いつでも解約しやすいような体制を心がけるべきです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう