コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 店舗を撤退した時の新規出店時借入の行方

店舗を撤退した時の新規出店時借入の行方

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

信用保証協会保証付融資で、新規店舗の開業費用として設備投資資金の融資を受けその店舗が失敗し、早々にクローズさせなければならない事態となった場合や該当店舗がなくなったりした場合、借り入れ残高を一括返済しなければならないのでしょうか。

 

また、該当店舗の借り入れ残の返済のため新たに原資を作るための営業活動として運転資金や設備投資を保証協会融資で受けるためにはやはり、過去の設備投資融資で受けた借り入れ残で該当設備が無くなった物は、返済しないとあらたな融資審査を受けてもらえないものでしょうか?(K様)

【回答】

一括返済の必要性はありません。

 

新規開業の設備投資について、うまくいく時もあればうまくいかない時もあるからです。

 

ですから、融資申込時に申請した使い道以外(設備資金で借入して運転資金に使う等)に流用していないことが守られているかぎり、毎月元金と利息を期日通りに返済していれば融資審査のテーブルに乗ります。

 

御社の内容が良ければ「店舗撤収には費用が掛かる」等で新規融資の申し込みも可能です。

新商品のご案内

銀行とのつきあい方大全Vol.4

プロパー融資の受け方

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-2
アーク銀座ビルディング 6階  
TEL:03-5565-8622 FAX:03-6740-1866
  
pagetop