コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 悪い噂を聞いた企業の手形

悪い噂を聞いた企業の手形

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

悪い噂を聞いた企業の手形は

 

1.早く取立に出した方がいい
2.大きい銀行や格付けのいい銀行に取立を依頼した方がいい
3.手形を振り出した会社の社長や経理担当の人と親しくなるといい

 

なぜなら、当座預金がゼロならいけないけどいくらか残金があれば以上の3点のいずれかで、取立が出来る場合があるとの事でした。

 

本当なんでしょうか?(M・I様38歳)

 

【回答】

いずれも違います。

 

手形の支払期日、もしくはそれ以前に、手形振出人の当座預金不足で不渡りが起きた場合、銀行に取立に出すのが早くても遅くても、取立に出す銀行が良い銀行でも、全く関係なく手形は不渡りで返却されます。

 

手形を振り出した会社の社長や経理の人と親しくなるのは、少しはいい方法かもしれません。親しく付き合っているうちに、自分の会社の業績悪化、資金繰難の情報をポロッともらしてくれるかもしれないからです。

 

そういった場合は、手形が不渡りになる前に、早期支払の交渉など、何らかの手を打てるかもしれないからです。

 

しかしあまり期待できる方法ではありません。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう