コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 街金返済のための融資

街金返済のための融資

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

実は知り合いの連帯保証人になってしまい、借主が行方不明の為、私に支払い要請が来ました。

 

その支払いに関しては異議申し立てを出し、裁判で争う予定なのですが 「最悪満額請求の可能性がある」と弁護士の先生に言われており、その為現段階より資金調達を考えております。

 

請求先が銀行や信販会社等ではなく、あいにく街金の為、かなりの高利で まともに支払請求に答えると「月30万」になり、元本にそれも充当されないまま、一生を終える計算になってしまいます。(死んでも借金は消えません)

 

そこで、裁判にて減額請求の請求をしつつ、 和解にて金額が確定後に、その「支払額」を用意したいのですが、 その資金を銀行にて借り入れすることは可能でしょうか?

 

今、持ち家には街金により「根抵当」が付いています。裁判にて金額が確定前に、それをはずす為の資金調達を希望しており、それが抹消後、銀行へは持ち家を担保として差し出すつもりです。

 

周りや、今相談に行った銀行はすべて「任売」をすすめるのですが、あいにく身障者を抱えており、特別仕様の家の為、それを新たに用意することのほうが困難と考えており、「満額請求」の用意「2500万円」を希望しています。

 

とりあえず、不動産評価額は「4500万円」です。(S・S様 30歳)

【回答】

正直言うと、借入金返済のための銀行からの融資はとても困難です。通常は銀行は融資を出さないでしょう。

 

しかし、幸い不動産評価額4,500万円の不動産を所有しており、融資希望額は2,500万円なので、そこを全面に押し出して銀行を1件1件あたってみるしか方法はありません。数多くの銀行・信用金庫等をまわるしかないでしょう。

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう