コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > リスケジュールと粉飾決算

リスケジュールと粉飾決算

【質問】

売上げ1億円程度の建設会社です。

現在リスケの手続きをしようとしておりますが、決算書に粉飾が3千万円ほどございます。
売上げ時期の操作、棚卸しの水増しなどで膨れ上がりました。

銀行には、どのように対処すればよいでしょうか。
経営改善計画書にどのように処理すればよいでしょうか。

また、個人資産より3千万円程度注入しております。
これについてもどのように処理したらよいでしょうか。

(K様)

【回答】

決算書の実態について、リスケジュール交渉においては、正直に銀行に開示してみてください。

ただ「粉飾」という言葉は使わず、貸借対照表を精査したら実態はこうだった、というように、精査したらこうなった、という形で伝えると、銀行をあまり刺激しないでいけるでしょう。

また経営改善計画書では、今後どうやって利益を上げていくかを書いていくので、実態の貸借対照表から、どうやって利益を上げて、貸借対照表も良化させていくか、をイメージして書いていきます。

また個人資産3千万円は、資本に組み入れることや個人が会社に対して債権放棄するなど、純資産を増強するという観点から、税務上のことも顧問税理士に相談しながら、検討していってください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう