コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 【Q&A】設備資金が出ない

【Q&A】設備資金が出ない

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

20年近く使用している機械を買い変え、新型コロナウイルス感染症での売上減をこれから補いたいが、手許資金は多くありません。

 

メイン銀行へ融資の相談をしたところ、コロナ融資で出している範囲でどうにかならないかと言われ、話が進んでいません。希望する設備投資額は3,000万円です。(製造業 Y様)

【回答】

メイン銀行が、融資に前向きになっていない要因が何かを確認する必要があります。

 

コロナ融資は信用保証協会付きのセーフティ融資なので、メイン銀行は融資しますが、プロパー融資となると審査のハードルが高くなり消極的になります。

 

つまり、御社の財務内容がよくないのではないかと推測します。

 

また、財務内容がよくない理由が、コロナの影響なのか、そもそもコロナ以前からなのかにより話が異なります。

 

コロナの影響であれば、それを説明できる資料を整えて話し合いをすることになりますが、コロナ以前から赤字体質であったならば、新規融資は難しくなります。

 

卵が先かニワトリが先かの話になりますが、銀行としては、業績が黒字になってから融資しますという考えです。中小企業側から見ると、先に設備投資をすれば黒字が見えるので、融資して欲しいということになります。

 

実際、コロナの影響で売上が下がっている企業でも、しっかりと設備融資を受けている企業はあります。その企業は、コロナ以前にはほとんど借入が無く、自己資本比率も高い企業です。

 

そのような企業を目指し、どのように改善するかを示す経営改善計画を策定し、メイン銀行に納得いただくようにします。融資の可否はメイン行が決めるのですから、そのルールに従うしかありません。

この記事の著者

  • 野上 智之

    公立大学法人北九州市立大学卒業、大手システム会社を経て、教育研修会社での新規部門立上げや西日本責任者としての実践により、収支損益の黒字化と人財育成がなければ、企業は元気にならないという強い信念のもと中小企業に特化した経営コンサルタントに転身。現在も10社を担当し各地でセミナーや研修を実施したり、地域金融機関との連携を実施。行政書士試験合格、宅地建物取引士、動産評価アドバイザー(TAA)、中小企業庁ミラサポ専門派遣登録専門家、プッシュ型事業承継支援高度化事業登録専門家(中小企業庁)、再生支援ネットワーク会議メンバー(広島)

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう