コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 大企業にはできない社員教育

大企業にはできない社員教育

最近の新聞記事を読みまして、私自身、中小企業にとっては、なかなか厳しいなと感じることがあります。

 

それは、政府や大企業からの情報です。中小企業と大企業との間にある差を感じてしまいます。だからこそ、中小企業にしかできないことを地道に継続していくことがとても大切となります。

大企業にできないこと

私 :「新聞である大企業経営者の戦略を読んだのですが、すごいですね。」

 

社長:「大企業だからできるんだよ。中小企業は、そのようなことは後だな。」

 

私 :「そうは言っても、当社も沿革に取組まなければなりません。違いは何でしょうか。」

 

社長:「業績の差は当然だが、我々と大企業との一番の違いは社員教育に尽きる。」

 

私 :「そうですね。」

 

社長:「時間も金も使いたいが、現実にはそこまでできない。だからさらに差がつく。」

 

組織の構築や運営においては、上位から

 

「使命(Mission)」

「価値観(Values)」

「ありたい姿(Vision)」

「戦略(Strategy)」

「行動計画(Plan)」

 

が必須です。しかし、業績が悪くなればなるほど、戦略や具体的な行動計画に目がいきがちになり、その改革に着手することが多くなります。しかし、そこばかりに目がいってしまうと、実は改善は遅くなります。

 

ここで、論語に出てくる一節を紹介します。

 

「君子は先ず徳を慎む。徳あればここに人あり、

人あればここに土あり、土あればここに財あり、

財あればここに用あり。徳とは本なり、財とは末なり。」

 

です。意訳すれば、

 

「徳望高き人の周りには、いつの間にか人が集まって来ます。

人が集まれば生活の場ができます。そして、

そこに仕事が発生し、結果として富が生まれます。」

 

ということです。何が言いたいかと言いますと、経営も社員教育も目先のことばかりに気を取られないことが大切だということです。

 

例えば、営業手法や製造手法は、何のために習得しようとしているのでしょうか。そのことに社員一人ひとりが自分の言葉で気づいた時、その会社は素晴らしい人たちの集まりです。

 

この気づきこそが、真の社員教育ではないかと私は思います。

 

この気づきは、毎日毎日言い続けて、ある時にふと気付くものです。だから、集合研修を1年に数回したから教育をしたというものも間違いです。毎日の朝礼5分で社長から気づきを与える言葉を投げることでも、効果は期待できます。お金や時間は、十分手にした時に一度に使うのではなく、少しずつ使える時に使えばよいのです。

 

大企業にはできない社員教育とは、社員一人ひとりに直接、社長の気持ちを言葉で届けられる環境です。その環境を有効に活用すればとよいのです。

この記事の著者

  • 野上 智之

    公立大学法人北九州市立大学卒業、大手システム会社を経て、教育研修会社での新規部門立上げや西日本責任者としての実践により、収支損益の黒字化と人財育成がなければ、企業は元気にならないという強い信念のもと中小企業に特化した経営コンサルタントに転身。現在も10社を担当し各地でセミナーや研修を実施したり、地域金融機関との連携を実施。行政書士試験合格、宅地建物取引士、動産評価アドバイザー(TAA)、中小企業庁ミラサポ専門派遣登録専門家、プッシュ型事業承継支援高度化事業登録専門家(中小企業庁)、再生支援ネットワーク会議メンバー(広島)

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る
元銀行員が教える
「銀行とのつきあい方大全」
全10巻シリーズ!
豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう