コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 事業承継に関するよくある質問
  4. > 本音は息子に事業を承継して欲しいのですが、いろいろと悩みがあります。世の中の経営者はどのような悩みを持たれていますか?

本音は息子に事業を承継して欲しいのですが、いろいろと悩みがあります。世の中の経営者はどのような悩みを持たれていますか?

事業承継に関するよくある質問

質問

本音は息子に事業を承継して欲しいのですが、いろいろと悩みがあります。世の中の経営者はどのような悩みを持たれていますか?

回答

世の中の傾向としてもご子息への経営継承を希望される経営者の方は減少しています。

子供には子供自身の人生を歩んでもらえばいい。

世の中の経済動向などをみると大変不安であり、承継が不幸になるのではないか。

子供は経営者に向いていないのではないか。

経営者教育をしていく時間がまったく足りない。

業界自体が衰退産業であり、承継自体やめた方がよい。

銀行からの借入が多くあり、とても完済できる状況にない。

そもそも赤字体質の会社であり、継続が難しい。

子供に連帯保証を付けるわけにはいなない。

従業員も少数なので、これを機に会社をやめようと思う。

子供は、従業員を統制できるリーダーシップがない。

事業承継に関するよくある質問一覧

事業承継、特に親族内承継に関する頂いた質問に対して、専属コンサルタントが回答しております。ご参考になれば幸いです。

 

⇒ 事業承継に関するよくある質問一覧はこちら

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう