コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > M&A(事業承継)
  4. > 昨年の総括と今年の予定

昨年の総括と今年の予定

昨年2021年は、中小M&Aにどんな1年だったか振り返ってみたいと思います。

 

業界とか、弊社の振り返るというより、M&Aアドバイザーとしての小職の振り返えり(感想・所感)です。

 

昨年は、やはりコロナ真っ只中からのスタート。世の中の会社の全てが、影響の有る無しは別にして、事業の構成の見直しを再度見つめ直したことでしょう。

 

その影響もあってか、ノンコア事業の売却或いは、親会社による子会社の売却の相談が多かったように感じています。

 

また、同時に、それと呼応する動きなのか

 

買収側も、今までM&Aで取得するのは親会社任せであったところ、子会社自らが、買収活動に乗り出すという動きも増えたように感じています。

 

売り手買い手いずれにしても、新型コロナという未曾有のものが、事業の見直し・再構築に影響を与えた証左だと思います。

 

当初の予想に反して、以外にご相談が少なかったのが、新型コロナの影響による業績不振による売却の相談です。

 

これには以下の2つの要因があると思います。

 

  1. いまだに収束しておらず、売るに売れない状態(業績が悪過ぎる或いは心理的に)
  2. コロナ特別融資などの救済措置

 

しかし、コロナが収束し、コロナ特別融資の返済が始まる今年の後半からは、少し慌ただしくなるのではないかと考えています。

 

次に今年の予定ですが、今、中小M&Aの買い手様向けの新サービスをローンチさせるべく、準備中です。

 

「自社の成長戦略として、M&Aによる事業・企業の取得したい!

 

しかし、

 

  • 何から始めればいいのか?
  • M&Aはどのように進んでいくのか?
  • 本当にM&Aで取得するのがいいのか、どう判断すればいいのか?
  • 社内体制はどうすればいいのか?
  • 候補先(売却社)はどう探して、どうアプローチすればいいのか?
  • 投資(取得)するか否かの判断はどうすればいいのか?

 

このような疑問をお持ちになったことはないでしょうか?

 

新サービスは、これの疑問にお答えするサービスです。是非、ご期待ください。

この記事の著者

  • 松原 良太

    ・青山学院大学経済学部 卒業
    ・オーストラリアボンド大学 大学院 経営学修士課程(MBA)修了。
    ・財団法人日本M&Aアドバイザー協会 代表理事
    ・株式会社ビザイン 代表取締役パートナー
    ・AMD capital management 株式会社 代表取締役
    ・株式会社ビザイン・ファミリー・アドバイザーズ 取締役
    ・近著(共著):この1冊でわかる-M-A実務のプロセスとポイント

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう