2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 節税と銀行対策

節税と銀行対策

私も法人設立したばかりということもあり、節税対策には関心を持っております。

利益が出るか損失が出るかは分かりませんが、なるべく税金がかからないようにはしたいと思っております。サラリーマン時代は確定申告をしたことがなかったので、税金をとられているという実感はなかったのですが、経営者となると、税金はとても気になりますね。

しかし節税対策するということは、利益を減らすということにもつながっていきます。利益が少なくなれば、それだけ銀行の格付は下がってしまいます。

節税対策をとると格付が下がりますので、なかなかバランスをとることは難しいでしょう。

私の会社はコンサルタント業ですが、借入があまり必要ない業種ですので節税のことを考え、あまり格付のことを考える必要はないのですが、借入が必要な業種であれば、節税をとるか、格付対策をとるか悩むことでしょう。

節税を行いながら格付をあまり下げない方法、一つ良い方法があります。
それは、「利益は特別損失で落とす」という方法です。

固定資産・有価証券・棚卸資産等の評価損、退職金等、特別損失で落とせるものは落としてください。そして、なるべく経常利益は高くなるようにしてください。

なぜなら、銀行の格付において、重要となるのは営業利益・経常利益だからです。当期利益は、ほとんど重要視されません。ということは、なるべく特別損失で利益を落とすということです。

そのようにすれば、節税対策と格付対策を同時にとることができます。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop