2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 経営者も本当は、銀行から借りたお金は返したい

経営者も本当は、銀行から借りたお金は返したい

リスケジュールを行っても資金繰りが厳しい

私が、社内のコンサルタント社員からよく聞く話、それは、

「経営者も本当は、銀行から借りたお金は返したい。」

ということです。

銀行からの資金調達が困難となると、事業で稼ぐ現金(キャッシュフロー)より、返済の方が多い状態であれば、いずれ資金繰りに詰まることになります。

そうなると、リスケジュール、つまり銀行と交渉して、融資の返済を猶予してもらったり減額してもらったりすることになります。

昨年の金融円滑化法により、リスケジュールを行いやすくなったこともあり、最近ご相談にこられる企業様の多くは、すでにリスケジュールを行っております。

2年前のご相談内容で多かったのが、

「資金繰りが厳しい、銀行への返済が厳しいがどうしたらよいか。」

ですが、最近のご相談内容で多いのが

「すでにリスケジュールは行っているが、事業の赤字により資金繰りが厳しく、どうしたらよいのか。」

です。リスケジュールはすでに行っているが、事業の赤字が改善できておらず、資金繰りが厳しい、このようなご相談が多くなっているのが、最近の傾向です。

リスケジュール後の方向性

事業で稼ぐ現金(キャッシュフロー)をCFとして表すと、毎月の資金繰り(単位:万円)が次のような企業があるとします。

    CF  返済  合計

 現状 △100 △400  △500

事業活動で、毎月100万円の現金が流出し、さらに銀行への返済が毎月400万円あり、毎月500万円ずつ現金(手元にある現金・預金)が減少していっています。

このような状況の企業は、毎月500万円、年間6,000万円の現金が流出してしまうので、年間で6,000万円を調達しなければなりません。

それで、年間6,000万円を銀行から融資を受けられたらよいのですが、問題は融資が受けられない企業です。

ちなみに上記のような状況では、事業が赤字ですので、銀行は融資を出さないことが多いでしょう。

その場合は、毎月の返済を抑える交渉、つまりリスケジュール交渉を銀行と行います。それで、資金繰りがだいぶ楽になるようになります。

返済を0円近くにまで減額してもらいます。

例えば上記例で、リスケジュール交渉により、毎月の返済金額400万円を0円にまで減額できると、次のようになります

       CF 返済 合計

 現状   △100 △400 △500
 ↓
 リスケ後 △100    0 △100

しかし、リスケジュールを行って資金繰りがだいぶ楽になったからと、安心してはいけません。

毎月のCFを黒字に転化し、そしてCFを多くしていく、つまり事業を改善していって利益を多く生み出すことにより、現金を多く生み出せるようになり、早く返済を元に戻すことができるようにしていかなければなりません。

上記例で、事業の改善により、毎月のCFが△100万円→+100万円に改善できたとします。

そうすると、毎月の返済金額を増やしていっても資金繰りがまわるようになります。

ただ、手元の現金を最低月商1ヶ月分、理想は2ヶ月分、ためるまでは、返済金額はできるだけ上げていかないよう、銀行と交渉します。

なぜ銀行への返済を増やしていかず、手元の現金をためていくべきなのか。それは、経営の安全性を高めるためです。

手元に現金が豊富にある状態であれば経営者としては余裕を持った経営ができますし、投資すべきところに投資を行うことができます。

次の表は、毎月のCFが△100万円→+100万円と改善し、毎月100万円ずつ、現金をためていくことができている状態です。

       CF 返済 合計

 現状   △100 △400 △500
 ↓
 リスケ後 △100    0 △100
 ↓
 改善後   100     0 +100

そして、手元に現金が十分たまっていったら、返済をじょじょに再開していくようにします。

上記の状態であれば、毎月0円→50万円ぐらい、返済を再開しても問題ないでしょう。

       CF 返済 合計

 現状   △100 △400 △500
 ↓
 リスケ後 △100    0 △100
 ↓
 改善後   100     0 +100
 ↓
 一部再開  100  △50  +50

そして、さらなる事業の改善により、CFを500万円まで改善できたとします。

       CF 返済 合計

 現状   △100 △400 △500
 ↓
 リスケ後 △100    0 △100
 ↓
 改善後   100     0 +100
 ↓
 一部再開  100  △50  +50
 ↓
 もっと改善 500  △50 +450

そうすると、完全に返済を再開することができます。

       CF 返済 合計

 現状   △100 △400 △500
 ↓
 リスケ後 △100    0 △100
 ↓
 改善後   100     0 +100
 ↓
 一部再開  100  △50  +50
 ↓
 もっと改善 500  △50 +450
 ↓
 完全再開  500 △400 +100

イメージできますでしょうか。これが、銀行にリスケジュールを行った後、企業として目指すべき方向性です。

現実は、こんなに劇的に経営を改善できるものではないですが、理想を追い求めるのは経営者の役目でしょう。

リスケジュールを行った企業の、リスケジュール後の方向性の一つとして、金融機関に返済をあきらめてもらう、という話は、姉妹誌メルマガ「あなたの会社を2年以内に復活させる法」の2010年8月26日号新しいウィンドウでページが開きます。で行いました。

ただ、経営者の多くは、できれば、銀行から借りたお金は返せるようになりたい、と内心思っているのではないでしょうか。

リスケジュール後、経営改善を行い返済再開を目指していく

お金を返せるようになるためには、経営を改善し、利益を多く上げられるようになるしかありません。

ちなみに私たちも、コンサルティング契約に入る企業の経営を改善して利益を増やし、返済を再開できるようになることを第一の目標として、コンサルティング活動に取り組んでおります。

リスケジュールをすでに行った企業は、早く返済が完全に再開できるようになるために、日々、経営の改善に取り組んでいきたいですね。また、試算表を毎月チェックする習慣をつけ、経営改善の振り返りをしていきたいものです。

 

また、先ほど紹介した姉妹誌メルマガ「あなたの会社を2年以内に復活させる法」は読んでいただいておりますでしょうか。

こちらのメルマガは、リスケジュールした後、どのように経営を改善していったらよいか、多くのことを書いておりますので、まだ読んでいただいていないのであれば、こちら新しいウィンドウでページが開きます。よりご登録ください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop