2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 新規事業と既存事業、どちらが融資を受けやすいか

新規事業と既存事業、どちらが融資を受けやすいか

新規事業立上げの名目で融資は受けやすいのか

私たちにいただく、銀行融資に関する質問で、多い質問の中に、次のようなものがあります。

「新規事業で融資を受けたいがどうすればよいか。」

なぜ新規事業で融資を受けたいのかよくよく聞いてみると、新規事業を本当に行いたいから融資を受けたいのではなく、融資を受けたいのがまず先にあり、その名目として新規事業を立ち上げることにしたい、という場合が、このようなご相談の大半なのです。

ただ、多くの経営者が勘違いしているのが、ここにあります。

つまり、新規事業を立ち上げるという名目を作れば、融資が受けやすくなるのではないか、と思いこんでしまっている、ということです。

ただ、それは違います。

新規事業を立ち上げるというより、既存の事業の運転資金として融資を申込む方が、融資を受ける理由としてはずっと良いのです。

新規事業に銀行は慎重な見方をする

なぜなら、新規事業は、銀行の見るポイントは「新規事業が成功しそうかどうか」でしか見られないことにあります。

新規事業を立ち上げるから融資を受けたい、となると、当然、新規事業の事業計画を銀行に提出しなければなりません。

ただ、銀行員はそんな新規事業が成功するかどうか、事業を見極めることはなかなかできません。

新規事業の分野においては、銀行員はあくまで素人です。銀行員が新規事業を見極めることは困難です。

また銀行においては、新規事業への融資を行って、その新規事業がうまくいった、というケースを過去、あまり見ていません。

そのような経験を、銀行は蓄積しております。

その中で、新規事業を立ち上げる、という名目で融資を受けることは、困難が伴うのです。

それよりも、既存事業の運転資金、の方がよほど銀行は融資を出しやすいです。

既存事業は、すでに売上がたっているものであり、その事業の資金繰りのために運転資金として融資は出しやすいものです。

こう考えると、融資を受けること自体を第一の目的として

「融資を受けたいが、新規事業という名目なら融資が出やすいのでは
ないか」

という考え方は間違いであることが分かることと思います。

新規事業でも既存事業でも融資が受けられない場合どうするか

また、既存の事業がうまくいっていない中で新規事業を立ち上げるのは、銀行の見方としては

「まずは既存事業がしっかりまわるようにすることが先でしょう。」

という見方をします。

だから、既存事業がうまくいっていない中で新規事業の立上げのための融資を受けることはなおさら困難なのです。

では、新規事業の名目でも融資は受けられない、既存事業も芳しくなくそれでも融資は受けられない、そういう状況の時、どうしたらよいのでしょうか。

その場合は、銀行から融資を受けるのをあきらめ、銀行に返済猶予交渉、つまりリスケジュール交渉を行うことを決断すべき時かもしれません。

銀行融資の世界は、なかなかテクニック的なものが通用するものではありません。

自社の状況を今一度振り返ってみて、自社にとって最良の選択肢をとっていくようにしましょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop