2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 金融検査の重点は、融資のリスクから経営指導へ

金融検査の重点は、融資のリスクから経営指導へ

2014年7月16日号

最近は銀行が、企業の経営の細部に口出しすることが多くなってきています。

これは、中小企業の再生のために国が施策を行っている結果です。

金融庁による銀行への検査(金融検査)は、従来では、融資先の与信リスク、
つまり貸倒れリスクについて、各銀行が行っている自己査定に基づき正しく
査定されているか、そして自己査定による資産分類によって貸倒引当金が
正しく積み上げられているか、見られていました。

つまり、ある企業の債務者区分が破綻懸念先であれば、その区分は適切な
のかどうか、そしてその企業に対して無担保で1億円の融資残高があれば、
それに対し貸倒引当金が適正に積んであるか、金融検査により金融庁は銀行
を見ていたのです。その銀行における破綻懸念先への融資の貸倒引当金が
70%であれば、1億円に対し7000万円の貸倒引当金が積んであるか、という
ことです。

しかし、一部銀行を除いて不良債権問題が片付いたこと、各銀行が
貸倒引当金を十分に積んでいることから、現在の金融検査では、次の段階と
して、銀行が企業に対し、経営指導を行っているかどうかに重点が移って
います。また、銀行が企業の経営や財務状況、収支・損益状況、将来性など
を適切に審査し、積極的な融資ができているかを見ております。

最近、銀行が経営改善計画を一緒に作ろうと言ってきて作った、毎月予算
実績の管理を銀行と行うようになった、税理士やコンサルタントなどの
専門家の紹介を受けた、ということはありませんか。それが、この流れなの
です。

銀行が企業に経営改善計画書の作成を指導すること、そして改善計画を実行
するために経営指導を行うこと。それが企業の業績向上に結びつき、利益が
上がって現金が多く入るようになれば、リスケジュール、つまり毎月の返済
の減額・猶予を行っていた融資の返済再開に結びつくのです。

経営者の中には、経営指導を行おうとする銀行の動きを警戒する人もいます。
経営者の方と私たちコンサルタントがご一緒する時、銀行員がいる時と
いない時では、話す内容が全然違う社長もいます。

そりゃそうです。銀行員は何をねらっているか分かりません。一言一言、
銀行員の前で話すことに慎重になってしまう気持ちは分かります。

しかし銀行は経営指導を行おうとしています。いろいろなことを素直に
打ち明けてくれない社長であれば、銀行は「この社長、まだまだ隠し事が
あるな」と思うことでしょう。そして信頼関係はいつまでたっても構築され
ないことでしょう。

ただ銀行は、企業の業績が良くなってくれることが一番良いのです。
業績が良くなって返済を再開してくれた方が、銀行は多く回収できるよう
になるのですから。

銀行から「この会社は経営改善計画を実行して経営改善が進み、良くなって
きている。」と思ってもらえる企業になれば、銀行もむちゃなことはやって
きません。

最近、銀行が自分の会社の経営に細かく口出ししたがっている、という現象
がある企業であれば、その背景はここで述べたことですので、銀行を深く
警戒する必要はないでしょう。

そして厳しい業況の中でも、銀行からの経営指導を受け入れてコミュニ
ケーションをとる中で、企業と銀行との信頼関係ができ、経営者が本気に
なって自分の会社の経営を改善していくことができれば、企業の将来は
明るいのではないでしょうか。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop