2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > アパート購入資金の融資

アパート購入資金の融資

【質問】

サラリーマンがアパート経営(土地・建物を購入して)を始める場合、銀行に購入資金の融資を 申し込みますが、銀行の融資基準について教えてください。

例:年齢、勤続年数、年収、年収に占めるローン比率、クレジット内容、サラ金の利用、ローン・クレジットの焦げ付き?

前提条件:そのサラリーマンにはマイホームのローンが残っています。(残高500万、1000万、 1500万、2000万、2000万以上)

それぞれローンの残高により、融資額は違ってきますか?

(H.I様 50歳)

【回答】

銀行は、最近はアパート購入のための融資をするのにかなり慎重になっております。
普通のサラリーマンが、アパート経営をするために、土地建物の購入から融資を受けることはまず無理でしょう。

しかし、資産家で土地を持っている人が、その土地の有効活用をするためにアパート建築資金を銀行が融資することは考えられます。

それでも建築資金のみです。ましてやサラリーマンがアパート用の土地資金から融資を受けることはまず無理です。

アパート購入資金は、定型のローン商品がある銀行もありますが、普通は一般の融資として取り扱われます。

つまり、年齢・勤続年数・ローン残高等の要件は、何が良くて何がだめというような決まりはなく、全ての事情を考慮して総合的に融資をするのかしないのか銀行は検討します。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop