2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > リスケジュールを行うと同時に新たな融資を受けることについて

リスケジュールを行うと同時に新たな融資を受けることについて

【質問】

リスケジュールのタイミングの件で質問させてください。
私の場合返済がどうしても無理な場合、融資をせずにリスケするタイプです。
○○さんはこの場合融資を受けてからリスケをした方がいいとおっしゃってますがこの場合、結局借金が増えて問題の先送りになり結果的に破産に追い込まれる可能性が高いと思うのですが、どうなのですか?
(A様)

【回答】

融資が受けられるが、それが最後の融資チャンス、つまり次回以降は、赤字決算をまたぐので融資が受けるのが困難になるとか、今回の融資は今後の返済をまかなうのにはとうてい足りないが、多少の足しにはなるという場合、融資を受けるとともに、リスケジュールを行います。

それは、リスケジュールは、会社を再生させるために返済猶予してもらって資金繰りを楽にする、という手段であり、会社を再生させるための資金が必要だからです。

例えば現状の現金預金200万円、毎月返済120万円、年間返済額1,440万円、ある1つの銀行から500万円の融資提案があるが、他の銀行からは融資が受けられず、その融資提案がある銀行からも今後最低1年は、融資を受けられる見込みがないとします。

その場合、500万円の融資を受けてその銀行は2、3ヶ月後にリスケ、他の銀行はすぐにリスケします。

リスケ合意に1ヶ月かかったとして、500万円の融資を受けておかないとリスケ後の現金預金残高は80万円となり、一方、500万円の融資を受けておくと、現金預金残高は580万円となります。

会社を再生していくにあたって現金預金80万円の状態と580万円の状態とで、どちらが再生しやすいか、一目瞭然です。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop