コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行からの資金調達に失敗しないための基礎知識(2)

銀行からの資金調達に失敗しないための基礎知識(2)

銀行からの資金調達に失敗しないための基礎知識(2)

お金を貸している企業には、年に1回の決算期の2ヵ月後ぐらい(法人税の納付期限は決算期の2ヵ月後であるため、その頃には決算書はたいていできあがっています。)に、決算書の提出を要求します。これは、お金を貸している企業であれば、それが例えば3年前に貸したっきり一度も貸していなくても、銀行にある決算期のリストに基づき、決算書を求めます。

 

ここでよく出てくるのが、困ったチャンな企業です。銀行に「貸し渋り」があるのと同様、こうゆう場合は決算書の「出し渋り」とでも言うのでしょか。とにかく、何らかの理由をつけて、決算書を提出しないのです。強気な経営者だったら、「何で決算書を見せる必要があるんだ」との強行姿勢、いい人だったら、「まだ決算書はできていない」「今度用意しておく」など、いろいろ言い訳をして決算書を出してくれない企業があります。

そのような企業は、

 

1.銀行を見下していて、取引をしてやっている、という意識である 

 

2.決算内容が悪く、銀行員に決算書を絶対見せたくない

 

この2つがだいたいあてはまります。1の企業は、たいていは財務内容が良好で、銀行員としても取引を深めていきたい企業であり、問題ないのですが、2の企業は問題です。

 

そもそも、銀行は決算書を見せない企業には絶対お金を貸しません。いくら決算の内容が悪くても、見せてくれないより見せてくれた方が数倍ましです。決算書を見せてくれさえすれば、銀行員も、資金調達方法、決算の内容を次回良くする方法を親身になって考えてくれるでしょう。これは、銀行と企業との「信頼」の問題です。思い当たる経営者の方、決算書は絶対見せた方がいいですよ。例え会社設立以来の大赤字でも。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう