コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 節税と銀行対策

節税と銀行対策

私も法人設立したばかりということもあり、節税対策には関心を持っております。

利益が出るか損失が出るかは分かりませんが、なるべく税金がかからないようにはしたいと思っております。サラリーマン時代は確定申告をしたことがなかったので、税金をとられているという実感はなかったのですが、経営者となると、税金はとても気になりますね。

しかし節税対策するということは、利益を減らすということにもつながっていきます。利益が少なくなれば、それだけ銀行の格付は下がってしまいます。

節税対策をとると格付が下がりますので、なかなかバランスをとることは難しいでしょう。

私の会社はコンサルタント業ですが、借入があまり必要ない業種ですので節税のことを考え、あまり格付のことを考える必要はないのですが、借入が必要な業種であれば、節税をとるか、格付対策をとるか悩むことでしょう。

節税を行いながら格付をあまり下げない方法、一つ良い方法があります。
それは、「利益は特別損失で落とす」という方法です。

固定資産・有価証券・棚卸資産等の評価損、退職金等、特別損失で落とせるものは落としてください。そして、なるべく経常利益は高くなるようにしてください。

なぜなら、銀行の格付において、重要となるのは営業利益・経常利益だからです。当期利益は、ほとんど重要視されません。ということは、なるべく特別損失で利益を落とすということです。

そのようにすれば、節税対策と格付対策を同時にとることができます。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう