コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > リスケジュール後の借入

リスケジュール後の借入

リスケジュールとは、返済組み直し、つまり現在借りている融資の返済金額を組み直す(減額する・0にする)ことです。

リスケジュール、略してリスケは、行うと、リスケ期間中は、金融機関から融資を受けることは不可能となります。

もちろん、借り換えもできません。

しかし、資金繰りが厳しいにもかかわらず、無理して返済を続けることもお勧めできません。

例えば現在、本業で毎月赤字を垂れ流しているのなら、返済を続けることは、二重に資金を減らすことになります。すぐに黒字回復するめどがあるならまだしも、黒字回復のめどが立たないのなら、リスケを考えるべきです。資金に余裕がある今のうちに、リスケの相談を金融機関にした方がよいでしょう。(リスケ交渉を行うと、金融機関は融資への態度を堅くするので、リスケを考えるべきかどうか、必ず専門家に相談してください。)

また、返済を行うために、商工ローンなどから借りることはやめてください。商工ローンは、銀行から借りるより金利がとても高くなっています。現在の状態が悪い企業が、もっと金利が高いところから借りたら、自ら首をしめることになってしまいます。

リスケを行うと、金融機関から融資を受けることが困難となりますが、逆に考えると、リスケは返済金額を減らすということなので、その分、金融機関から資金を調達したことと同じになります。

リスケ後がんばって赤字が出ない程度に業績を回復し、また利益が出るようになれば、返済を再開させることも可能となります。

毎月大きな赤字が出てしまう会社は、金融機関からの借入が難しくなります。そうすると返済を続ければ、二重に資金を減らしていくこととなります。
そのような会社は、すぐの業績回復のめどが立たないかぎりは、リスケも視野に入れてください。

リスケは、金融機関とのビジネス交渉です。ときどき、

「お金は、返すのは当たり前」

と言って、無理をしてでも返済を進めてしまう経営者がいますが、金融機関としては、無理して将来破たんしてしまうよりも、リスケを行って業績回復してもらう方がよっぽどましなのです。

リスケの相談、私のところにも数多く来ています。リスケは、決して恥ずかしいことではないのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう