コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 信用保証協会を頭に置いておく

信用保証協会を頭に置いておく

私のところには、多くの企業から、融資に関するご相談をいただきますが、ご相談者とお話させていただくにあたって、意外と知られていない、と感じるのが、「信用保証協会」の存在です。

銀行員が、融資を学ぶにあたってまず取り組むのは、信用保証協会保証付融資です。

中小企業にとって、融資の入門編といったら信用保証協会であると言えるぐらい、この信用保証協会の存在はポピュラーなものです。

私が作った、こちらの全国信用保証協会マップ
→http://ginkou.moo.jp/shinpomap.html
をごらんいただくと分かるように、全国47都道府県に、信用保証協会は存在します。

創業者のための融資制度もありますが、創業融資は国民生活金融公庫を利用することが一般的です。

そのため、1期決算を迎えたら、信用保証協会の保証付融資が受けられる道はないのかどうか、銀行、もしくは信用保証協会に直接、聞きに行ってみてはいかがでしょうか。

信用保証協会とは、中小企業の金融円滑化のために設立された公的機関です。

事業を営んでいる方が金融機関から事業資金を調達される時に、信用保証協会が確かな保証人として中小企業者の信用力を補完することで、資金の調達がスムーズになります。

銀行からの融資は、プロパー、ビジネスローン、保証付融資(この保証とは、信用保証協会の保証を意味するものであり、保証人を意味するものではありません)、大まかに3つのくくりで考えてください。

従来は、プロパーと保証付融資、2つのくくりでした。

プロパーとは、簡単に言えば保証付でない融資のことを言いますが、今ではプロパーの中でビジネスローンという新しい融資手法ができてきたので、これを別個で考え、プロパー、ビジネスローン、保証付融資、と考えるのです。

信用がまだ銀行に対してついていない企業は、保証付融資を選択します。
もしくは、ビジネスローンを借りる道も合わせて考えます。

中小企業の融資入門編は、保証付融資であることを頭に置いておいてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう