コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > お金がなぜないの?

お金がなぜないの?

資金繰り表は作っていますか?

資金繰り表を作っていないと、例えば月末の支払いを全て済ませた後に、

「なんでこんなにお金がないの?」

という思いをしてしまいます。

心当たりの経営者は多いのではないでしょうか。

では、なぜお金がないのか。

赤字が出たわけでもなさそうで、大きな支払いをしたわけでもなく、しかしお金がない。

それを分かるようにするためには、資金繰り表を作って、お金の出と入りの動きを把握する必要があります。

お金がないのを、なんでだろうと思って、ただ考えこむだけでは、だめです。

必ず、お金の出入りの動きを資金繰り表を作ることによって把握し、原因を探らなければなりません。

私が資金繰りの本を書いたから言うわけではありませんが、資金繰りの本を書く過程で、資金繰り表を作っていない会社は資金繰りはうまくまわらないだろう、という思いを私自身、ますます強くしています。

損益と、収支は違います。

損益は、売上から原価、経費を引いた利益もしくは損失です。

一方、収支は、入金から出金を引いたお金の出入りです。

入金がなくても売上は計上できますが、それにより利益が増加しても、お金が増加したことにはなりません。

損益とともに、収支を、毎月、資金繰り表で把握することが、資金繰りをうまく行っていくためには重要なことです。

それとともに、今後の損益計画を立て、予定の資金繰り表も作っておくと、将来の資金繰り予想ができ、安全な経営を行うことができます。

資金繰り表は、完璧なものにする必要はありません。

まず、資金繰り表を作ってみようと、動いてみることが必要です。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう