コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 未来のイメージ

未来のイメージ

私  : 「社長、中期計画を策定するにあたり、
     どのような会社を目指しましょうか。」
社長: 「売上、利益が出ている会社だな。」
私  : 「売上や利益が出ている会社とは、どのような会社ですか。」
社長: 「それは、決算内容が良い会社だよ。」
私  : 「社員へも、このように伝えますか。」
社長: 「当たり前だよ。」

このような会話はどこにでもある。
しかし、この会話だけで社長の目指す会社の状態を、理解できる社員と、
理解できない社員に分けた場合、ほとんどの社員は理解できない。

つまり、社長はいつも数字ばかり言ってると、不満になるのである。
それは、なぜか。

売上や利益が出た時にどのような状態、環境になっているかというイメージが、
社長から社員へ伝わっていないからである。

そして、そのイメージは、曖昧でなく、はっきりと思い描けるプラスの
イメージでなければならない。このようにいうと抽象的になってしまうが、
先日走りながら思ったことを記載すると、少しは理解いただけるのかと思う。

走っているとき何度か足が痛かったり、息苦しくなったり、のどが渇いたり、
辛くてレースを止めたい時がある。

その時に、何を思いイメージするかである。

思う内容で今の辛さが更に辛くもなるし、和らいだりもする。
私は、このように思った。

「観客やボランティアの方の声援に応えず、レースを途中で止めることは
申し訳ない。もう少し頑張ろう。また、このレースに参加したかったが
抽選で漏れた方にも申し訳ない」と。

そして、次にこのようにイメージした。

「その先のゴールでは、今以上に何百人もの方が声援をおくっていて、
ものすごい歓喜に包まれているだろう。
そして、その歓喜という見えない輪の中を通り抜け、ゴールするだろう。
その時、目の前に1人でもランナーがいたら最後の力を振り絞って、
その人を抜いてゴールしよう。

そして、ゴールした時、色んな方から、おめでとう、頑張ったね、
と笑顔で声をかけられるだろう。

そう思うと、なんだか嬉しくなってきた。
特に周りの人達が、笑顔になっているのがとても嬉しく思えた。

もし、このような考えやイメージがなく、目標タイム1時間を切らなかったら
駄目というドライな目標だけだったら、恐らく途中でレースは止めていただろう。

人は、未来のイメージで動くものである。
是非とも、社長も社員に我社の明るい未来イメージを伝えていただきたい。

執筆:野上智之

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう