コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 5年後の組織図をイメージする

5年後の組織図をイメージする

顧問先企業の経営者様と、今後の経営方針を決めていく際に、まずは、現状の組織図を見せていただきます。そして、5か年の事業計画を作っていく場合は、最終年度の5年後の組織図を考えていきます。

 

社員数はどう変わっているか、部署のバランスはどうなっているか(新規に事業部をつくる場合は、いつから動き出すのか)、期待している人物はどの役職になっているか、定年を迎えている社員がいる場合は、そのポジションを他の誰がになっているのか(現状の社員で担えない場合は、新規の採用を考えなければなりません)、等々、いろいろと考えなければなりません。

 

限りある経営資源の「ヒト・モノ・カネ」の、一番大切な「ヒト」の部分ですからね。この組織図のイメージづくりは、事業計画に変更がない限り、毎年おこないます。

 

次に、作った事業計画最終年度の組織図を、4年後、3年後、2年後、1年後、と逆に落とし込んでいきます。そうすることで、計画1年目の人員計画をどうすればよいか、が見えてきます。

 

1年目の人員計画が計画通りにいかなければ、5年後の人員計画も、その通りにいかず、結果、5年後の事業計画を達成することができません。

 

また、組織図で、今いる社員名や生年月日を、具体的に記載することは、よりイメージを鮮明にすることにつながります。

 

こうした人物が欲しい、ということも組織図に組み込むことで、現状の社員の教育や研修をどうすればよいか、場合によっては外部からの登用が必要になるか、というところまで計画に織り込むことができます。

 

組織図づくりからのイメージづくりで、人員計画・事業計画の策定に役立ててみてください。

 

執筆:坂将典

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう