コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > エクステンドが見た再生企業の共通点(その1)

エクステンドが見た再生企業の共通点(その1)

国際的にはアメリカや中国を中心に、大国がグローバリゼーションと保護主義のバランスが極端化、不安定化しつつあり(本当はグローバリゼーションと保護主義は対義語ではないのですが)、国内的には、いよいよ人口減少による経済縮小を前に中小企業の生き残り・ふるい落としも本格化します。

 

昨年生まれ、本メルマガでも紹介してきた各新制度は、政府が中小企業に求めるふるい落としの準備だったということでしょう。

経営者に求められるのは、手足ではない?

非常に不安定で、でも何もしない、では衰退してしまうそんな舵取りが困難なご時世で経営者は前を向いて経営をしていかなくてはなりません。

 

…大変です。しかし、問われていることは明確になっています。

 

国際的な不安定感、国内的な先細りが実体化した中では国とは、国民とは、人とは、権利と義務とは…、そして、会社とは、仕事とは、人生とは。何気なく生活している時は、あまり問題にしていなかったものが、表面に出てきています。

 

であれば、そこに対して真っすぐに応えていくことが正しく前を向き、生き残るために必要なこと。日本の中小企業は、再生し、再発展するために何をもってこれからの持続的な成長を実現するのか。

 

問われているのは、不安定さを克服し、先細りを乗り越えるだけの価値を、お客さまに、社員に、取引先に提供できるかどうか、ということです。

再生を実現した企業に、共通点はある

そんなこと言われても…、と思われますか?弊社は、前身の(株)フィナンシャル・インスティチュート時代から通算で、12年間で12,000件を超える中小企業のご相談をいただいてまいりました。

 

1社1社ご事情も経緯も、解決策も違う企業経営者との取組みの中で、実際に再生フェーズを乗り越え新たな成長フェーズに達した企業を拝見していると「再生できた企業には、共通していることがある」ことに思い当たります。

 

ただ、いいものを頑張ってつくり、休日も手足を動かし続けて取引先や銀行に頭を下げる、ということではありません。苦境にあっても何を考えて、どのように実行したのか余裕ができた時に、余裕部分を何に使ったのか

 

状況によって、実行項目はそれぞれであっても、前提として、社内で何を検討し、実行したのかは驚くほどに同じものです。そんな、再生し続けるための共通点が分かって、実施できればどんな会社も再生への糸口を見つけることができますよね!

 

その実行されたポイントを次回お伝えしていくこととして、
今回はここまでにしたいと思います。

 

執筆:今野 洋之

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう