コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 父の会社に役員として入った場合、保証人・担保を要求されるのか

父の会社に役員として入った場合、保証人・担保を要求されるのか

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

私は現在保険代理店を個人で経営しています。

今は不動産賃貸をしている父の会社があります、以前は精密機械の部品製造、加工の仕事をしていました。

 

不景気のあおりを受け受注が減り建物のみ残りそこを賃貸しております。当時の負債がまだ残っており地元の信用金庫にお世話になっております条件変更もしてもらい返済期間を延ばし家賃分を返済に回しています。

 

最近になり私はその父の会社の役員とさせてもらいました、今の私の仕事の事業拡大のため法人を利用したいとの目的がありました。

 

ここで1つ不安なのは銀行が私を役員にしたことで保証人の追加や担保を要求してくるのではないかと言うことです。

 

もし銀行からこのような依頼がありましたらどのように対処したら良いでしょでしうか。私は住宅ローンも抱え、まだそれほどの余力はありません。家族もいますし、どうしたらよろしいでしょうか。
(Y様)

【回答】

代表取締役として入るのならともかく、代表ではない取締役では、取締役になったこと自体では保証の追加を要求されることはありません。

 

ただ今後、お父様の会社の条件変更期間の更新、という場面において、保証人や担保の追加の話が出る可能性はあります。

 

ただそれは、やりすごすことはできます。しかし問題は、あなたがお父様の会社に役員として入っていることです。そもそも、あなた自身が法人を設立し、そこで保険代理代理店の事業など、行うべきです。

 

それを、お父様の会社だからといって、条件変更済の負債を抱えている、事業の結びつきもない法人を利用するのは方法論として間違っています。

 

すぐに役員を退任して新規法人を立ち上げるべきではないでしょうか。
それがまた、お父様の会社の負債の保証人・担保追加要求のスキを信用金庫にも見せないことにもつながります。

新商品のご案内

現在30%OFF!

【DVD】元銀行員だからこそ言える!取引銀行(既存・新規行)との究極の交渉術!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-2
アーク銀座ビルディング 6階  
TEL:03-5565-8622 FAX:03-6740-1866
  
pagetop