コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > クレジットカードの延滞を解消したがカードは使用できるか

クレジットカードの延滞を解消したがカードは使用できるか

【質問】

CIC(個人信用情報機関)で、クレジットカードの個人信用情報を開示したところ、支払い遅れの情報が、2件合計30万円ありました。

これを解消してクレジットを使用できるようにできるでしょうか。

(O様)

<回答>
CIC(http://www.cic.co.jp/新しいウィンドウでページが開きます。)は、クレジットカード会社が主に加入する、個人信用情報機関です。

CICにおいては、「約定返済日より61日以上または3ヶ月以上支払いが延滞した場合」を「異動情報」とし、その延滞が解消されても、信用情報には「延滞解消」と表示され、延滞解消日から5年経過後にその表示が削除されます。

つまり、異動情報に出てしまえば、その延滞が解消されても5年経過されなければその情報は出続け、他の金融機関の審査に大きな影響を与えてしまうことになります。

またそのカード会社自体には、永遠に、延滞の記録が残ってしまうことになります。(自社の記録ですから、5年で記録を消すことはないわけです。)

今後、そのカード自体を使えるようにすることは困難でしょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう