コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 社員一人ひとりの成長

社員一人ひとりの成長

社員を成長させたいという気持ちを抱いても、なかなかこちらが思うようなスピードで全員は成長してくれません。だから、成長しない社員を見るとイライラすることもあります。しかし逆に、ある日何かのきっかけで、急に成長する社員もいます。この成長スピードの差は、一体何でしょうか。社員一人ひとりは全く違う人であり、製品のように均一にはならないものです。

社員一人ひとりの成長

私 :「社長、最近のA君は、積極的に見えますが、何かあったのですか。」

 

社長:「今、大きな案件を担当しているから、責任感を持ってくれたのだと思う。」

 

私 :「良いことですね。」

 

社長:「みんな、A君のようになってくれれば良いが。他の社員はまだまだ。」

 

私 :「A君のやる気をみて、続いてくれる社員も必ずいますよ。」

 

社長:「そうかもしれないが、もっと早く全員を成長させる方法はないかね。」

 

 

社員の成長スピードは、社員一人ひとりによって異なります。この当たり前のことが理解できていません。例えば、3名の同じ年齢の社員がいれば、1年後、3名とも同じように成長していることが当然と思っています。

 

私は、そんなことは絶対にないと言いたいのです。

 

そもそも3名の性格・価値観・これまでの経験などは全く異なるわけですから、業務の仕方や上司からの同じ言葉でも捉え方は各々異なります。だから、成長スピードも当然異なります。

 

この異なるということを理解すれば、上司は自ずと部下一人ひとりに対して、同じ指示を出すにしても、言い方は異なります。

 

そんな時、成長著しいA君を引き合いにして、B君の成長スピードが遅いことを注意した場合、果たしてB君はどう思うでしょうか。恐らくA君はA君であり、

 

自分は自分であるという気持ちが先行し、いくらB君の成長を願って注意をしたとしても、B君は聞いていないでしょう。そもそも、人は他人と比較されながら注意をされても、よい気分にはなりません。むしろ反発しかありません。

 

もし、人を比較するならば、他人と本人ではなく本人と本人、つまり過去の本人と現在の本人と未来の本人を比較します。そうすると、未来の本人は現在の本人の成長後のイメージになり、そこまで成長して欲しいことが相手に伝わります。

 

伝え方は別にして、多くの中小企業では社員一人ひとりに対して、こうなって欲しいと伝えていません。だから、社長や幹部の頭の中にある社員像と、社員自身が思う自己の成長にズレが生じており、そのズレによって成長が遅いと社長や幹部は思います。

 

結局は、一人ひとりの性格をよく見て、一人ひとりの将来の成長イメージを伝え、そこにたどり着くまでの教育を個別に施した成果が、その人の成長となり、社員全員のレベルアップに繋がります。

 

草花に水や肥料をあげなければ成長しないと同じように、ほったらかしにして成長する社員は殆どいません。もし、社員が成長していないと思うなら、先ず、これまで一人ひとりの社員に対して何をしてきたか、また、これから何をすべきかを考えることが、社員全員の成長の始まりです。

この記事の著者

  • 野上 智之

    公立大学法人北九州市立大学卒業、大手システム会社を経て、教育研修会社での新規部門立上げや西日本責任者としての実践により、収支損益の黒字化と人財育成がなければ、企業は元気にならないという強い信念のもと中小企業に特化した経営コンサルタントに転身。現在も10社を担当し各地でセミナーや研修を実施したり、地域金融機関との連携を実施。行政書士試験合格、宅地建物取引士、動産評価アドバイザー(TAA)、中小企業庁ミラサポ専門派遣登録専門家、プッシュ型事業承継支援高度化事業登録専門家(中小企業庁)、再生支援ネットワーク会議メンバー(広島)

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう