コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 補助金・助成金
  4. > 【事業再構築補助金】8月30日第3回公募の申請受付開始

【事業再構築補助金】8月30日第3回公募の申請受付開始

事業再構築補助金の活用をご検討されていますか?いよいよ8月30日(月)から、第3回公募の申請受付が開始されました。

8月30日 第3回公募の申請受付が開始

8月30日(月)から、第3回公募の申請受付が開始されました。事業計画書の作成は順調にすすんでいますでしょうか。第3回公募期間は、9月21日18:00迄です。

 

この度の申請において、事務局から以下のようなご案内があります。

 

『9月10日(金)23:59までに受け付けた申請に関しては、事務局で添付書類等の確認を行います。不備が確認された場合には、原則として9月16日(木)までに、申請者に対して差戻しのご連絡をさせて頂きます。差戻しをされた申請に関しては、内容を見直しの上、第3回公募の締切り(9月21日(火)18:00)までに、再度申請していただくことが可能です。なお、添付書類等に不備が確認されなかった申請に関しては、ご連絡はいたしません。』

 

過去の補助金申請をみても、書類不備は申請割合の10%以上はあるように思います。仮に完璧な事業計画書を書かれたとしても、書類不備では審査の対象案件にはならず、残念な結果となってしまいます。不備がないように準備するのは当然ですが、人がすることですので不備はつきものです。

 

であるならば、上記案内にあるように、9月10日(金)23:59までに申請をすることをご検討されてはと思います。

 

ただ、事業計画を作成する時間は少なくなりますので、これからの事業計画作成スケジュールの見直しは必要かと思います。

 

弊社も認定経営革新等支援機関であり、色々な角度から検討されている社長様のご相談を受け付けています。お気軽にお問合せください。

 

【無料開催】「事業再構築補助金」WEB相談会

 https://www.extend-ma.co.jp/c28539/

この記事の著者

  • 野上 智之

    公立大学法人北九州市立大学卒業、大手システム会社を経て、教育研修会社での新規部門立上げや西日本責任者としての実践により、収支損益の黒字化と人財育成がなければ、企業は元気にならないという強い信念のもと中小企業に特化した経営コンサルタントに転身。現在も10社を担当し各地でセミナーや研修を実施したり、地域金融機関との連携を実施。行政書士試験合格、宅地建物取引士、動産評価アドバイザー(TAA)、中小企業庁ミラサポ専門派遣登録専門家、プッシュ型事業承継支援高度化事業登録専門家(中小企業庁)、再生支援ネットワーク会議メンバー(広島)

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る
元銀行員が教える
「銀行とのつきあい方大全」
全10巻シリーズ!
豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう