コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > オルタナティブ・ファイナンスの今後

オルタナティブ・ファイナンスの今後

新たな資金調達方法の総称

ファクタリングのような既存の融資とは異なる仕組みの資金調達手法のことをオルタナティブ・ファイナンスと呼ぶようになりました。

 

「補完金融」と訳される通り、オルタナティブ・ファイナンスは

 

  • 売掛金を買い取ることで現金化するファクタリング
  • webを通じて小口の投資を広く募るクラウドファンディング

 

等、どちらも融資で行われる財務評価等とは違う形で資金調達の是非が決まります。

 

売掛金の評価が得られれば、財務評価そのものは融資不可であってもファクタリングは実施可能、ということが当たり前にありますしクラウドファンディングに至っては、財務評価には目を瞑っていることもままあります。

 

銀行はこれらのオルタナティブ・ファイナンスとは一定の距離をとりつつも徐々に取扱を模索してきた、といったところですが、ここへきて一気に「銀行自らが取り扱うオルタナティブ・ファイナンス」が拡充されていく見込みになりました。

マネーフォワードが取り組むオルタナティブ・ファイナンスと銀行

マネーフォワードといえば、クラウド上での

 

・会計処理

・請求管理

・支払管理

・経費管理

・勤怠管理、給与計算

 

等を、随分と安価に、1つのソフトで行える今日大注目のサービスですがオルタナティブ・ファイナンスとして

 

  • 企業間後払決済サービス
  • 売掛金早期資金化サービス(ファクタリング)

 

をも提供しています(正確には、グループ企業のマネーフォワードケッサイ社による提供)。

 

また、ビジネスチャット王手のchatworkも早期資金化サービスの提携を行っており、chatworkの画面上で申込から資金の入金まで完結させることができます。

 

銀行を介さず、また、「他の業務で使っているサービス」から金融、調達処理を行うことができる…、これまでとは全く違うサービスです。

 

一方、銀行でも有名どころでは三菱UFJ銀行や広島銀行が同社との提携を発表しており、資金供給側として融資だけに依存しない、提供サービスの一つとしてメニューに載せていこう、という動きが大きくなっています。これからも同様の取り組みは広がっていくことでしょう。

今後の展開見込み

実績として、ファクタリングで言えば2020年は前年に比べて市場規模が2倍近い1300億円程度に迄大きくなった、とされています。

 

マネーフォワード社の売掛金早期資金化サービスも、既に累積取扱金額が500億円を超えたことが発表されました。

 

中小企業にとっての資金調達手段は、融資に依存されてきた時代から複数の手法から選択されていくものに変わっていく、ということです。

 

しかし…、オルタナティブ・ファイナンスにおいても、融資とは少し異なる形で受けられる会社と受けられない会社に分けられていくことになります。

 

次回では、その差がどこから生まれるか、お伝えしたいと思います。

この記事の著者

  • 今野 洋之

    1998年さくら銀行(現三井住友銀行)入行。6年間で一般的な融資から市場取引、デリバティブ等広範な金融商品を多数取扱う。その後、企業側での財務経理責任者としてM&Aを実施、フリーとしての活動を経て2008年に当社入社。 相談・面談件数は全国で1100件以上、メルマガや雑誌等の記事執筆からメディアからの取材対応も多数。 一般的な金融取引の見直し、借入の無保証化、銀行取引の見直しによるコスト削減を一企業で年間8百万円以上達成。 粉飾開示と同時の返済条件変更依頼、条件変更中の新規融資実行も多数実施し、変則的な条件変更(一部金融機関のみの条件変更)の実行や、事業譲渡による再生資金の調達、事業を整理する企業の上記を全て、法制度・コンプライアンスの抵触なしに履行。

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう