コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > M&A(事業承継)
  4. > どのM&A会社に売却の依頼をすればいいのか?

どのM&A会社に売却の依頼をすればいいのか?

近年、中小企業においてもM&Aが盛んに行われるようになりました。それと比例するように、M&Aを取り扱う企業も増加しています。インターネットで「M&A」や「会社売却」と検索すれば、どれだけ多くの企業がM&Aの取扱いを行っているかがわかります。これほど多くの企業ある中で、売手企業の経営者はどの企業へ相談をすればよいか迷ってしまいますよね。

 

今回はそんな経営者のお悩みにお答えしたいと思います。

M&A会社にはどういった違いがあるのか?

多くのM&Aを取り扱う会社がありますが、大きく分けて4つのグループに分けることができます。

 

1 .中小企業から大企業を取り扱うグループ

2.中小零細企業を取り扱うグループ

3.金融機関(銀行)などのグループ

4.インターネットなどでマッチングを行うグループ

 

以上の4つが現在のM&A市場において主なプレーヤーと言えます。では、自分の会社はどのM&A会社に売却の相談するのがベストなのでしょうか?

会社の置かれている状況にあった依頼先選びを

M&Aによる売却を依頼する会社を見極めるポイントは

 

・希望される譲渡代金と成功報酬の手数料

・売上規模や会社の財務状況

 

です。下記はそれぞれのグループが得意としている企業規模の参考値です。企業規模や希望される譲渡金額と比較して相談する企業を選びましょう。

1.中小企業から大企業を取り扱うグループ(上場しているM&A会社など)

【メリット】
事業承継の案件や譲渡希望代金が1億円を超える場合は、高額な譲渡代金の案件を専門に取り扱っているため、優良な買手企業を多く知っています。

 

売上高:3億円以上 ※参考に売上高を目安に分類してみます。

 

希望譲渡代金の目安:1億円以上

 

成功報酬の手数料目役:1000~2000万程度が相場

2.中小零細企業を取り扱うグループ(コンサルティング会社が行っているM&A会社など)

【メリット】
中小企業や大企業を扱っているグループに比べるとM&Aが成約した際の手数料は少ない。

 

売上高:5,000万円~3億円程度

 

希望譲渡代金目役:数千万~1億円程度

成功報酬の手数料目役:350~500万程度が相場

3.金融機関(銀行)などのグループ

【メリット】
買手企業が依頼した金融機関と取引のある優良企業である場合が多いので買手企業の信頼性は高い

 

売上高:1億円~10億円程度

 

希望譲渡代金目役:数千万~2億円程度

成功報酬の手数料目役:500~1000万程度が相場

4.インターネットなどでマッチングを行うグループ(人材派遣会社が運営している会社やIT企業がプラットフォームとして運営している)

【メリット】
小規模案件(例えば飲食店の1店舗売却など)は非常に得意です。インターネットを利用しているので、買手企業からの問い合わせ数は多いです。

 

売上高:数百万~2億円程度

 

希望譲渡代金目役:数百万~5千万円程度

成功報酬の手数料目役:100~350万程度が相場

最後に

ちなみに弊社は2つ目のグループに属しており、特徴としては、業績が厳しい会社も取扱いは可能という点です。

この記事の著者

  • 岩永 敦司

    資金調達(融資、リース)から、経営戦略の立案からM&Aによる事業拡大、M&Aによる財務リストラ、経営承継など企業のステージにあった提案を行っている。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る
元銀行員が教える
「銀行とのつきあい方大全」
全10巻シリーズ!
豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう