コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 経営改善計画策定支援事業とは?補助金活用して金融支援を受ける方法!

経営改善計画策定支援事業とは?補助金活用して金融支援を受ける方法!

経営改善計画策定支援事業とは?補助金活用して金融支援を受ける方法!

 

経営の舵取りに悩む経営者さん、「経営改善計画策定支援事業」をご存知ですか? この支援事業は、まさに中小企業の未来を変える強力な味方となる可能性を秘めています。

 

昨今の急速な経済環境の変化や予期せぬ出来事により、多くの中小企業が経営の難しさに直面しています。売上の低迷、資金繰りの悪化、借入金の返済難など、様々な課題に直面し、どう対処すべきか頭を悩ませているのではないでしょうか。

 

そんな中、経営改善計画策定支援事業は、専門家の力を借りて自社の現状を客観的に分析し、実現可能な改善策を立案するチャンスを提供します。単なる一時的な対症療法ではなく、中長期的な視点で会社の健全性を取り戻し、さらなる成長への道筋を描くことができるのです。

 

この記事では、経営改善計画策定支援事業の概要、メリット、そして具体的な活用方法までを、分かりやすく解説していきます。経営者のあなたが、この支援事業を通じて困難を乗り越えるためのヒントを見つけていただければ幸いです。経営改善計画策定支援事業について詳しく見ていきましょう。

 

資金繰り・資金調達など財務でお困りの方は「無料相談」をご利用下さい。

 

無料相談受付

経営改善計画策定支援事業の概要

経営改善計画とは、企業が現在直面している経営上の課題を明確にし、それらを解決するための具体的な行動計画を策定することです。

 

この計画には通常、以下の要素が含まれます。

 

  1. 現状分析:会社の強み、弱み、機会、脅威(SWOT分析)
  2. 経営課題の特定:売上低迷、利益率の悪化、資金繰りの問題など
  3. 改善目標の設定:3〜5年後の具体的な数値目標
  4. アクションプラン:目標達成のための具体的な施策
  5. 資金計画:必要資金の調達方法と返済計画

 

経営改善計画策定支援事業は、この計画を専門家のサポートを受けながら作成できる国の支援制度です。中小企業の経営者が自社の未来を描き、その実現に向けて具体的な道筋を立てるサポートをしてくれるのです。

 

経営改善計画を策定することで、以下のようなメリットが期待できます。

 

  1. 経営課題の可視化:問題点が明確になり、優先順位をつけて対処できます。
  2. 社内の意識統一:全社一丸となって改善に取り組む機運が生まれます。
  3. 金融機関との関係改善:計画を示すことで、融資の継続や新規融資の可能性が高まります。
  4. 経営者としての成長:客観的な視点で自社を分析する力が身につきます。

 

経営改善は一朝一夕にはいきません。しかし、この支援事業を活用し、専門家の知見を借りながら着実に進めていくことで、必ず道は開けるはずです。

経営改善計画策定支援事業のメリット

経営改善計画策定支援事業には、中小企業にとって非常に魅力的なメリットがあります。ここでは、主要な3つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

専門家のサポートが受けられる

この支援事業では、財務コンサルタントや中小企業診断士などの専門家が、あなたの会社に寄り添いながらサポートしてくれます。

 

  1. 客観的な視点での現状分析
  2. 業界動向や最新のビジネストレンドの提供
  3. 実現可能性の高い改善策の提案
  4. 計画書作成のノウハウ共有

 

専門家の力を借りることで、自社だけでは気づかなかった課題や機会を発見し、より効果的な改善計画を策定できる可能性が高まります。

費用の一部が補助される

経営改善計画の策定には、どうしてもコストがかかります。しかし、この支援事業を利用すれば、その費用の一部が国から補助されます。

 

具体的には、計画策定費用の2/3(上限200万円)が補助されます。例えば、300万円の費用がかかる場合、200万円が補助され、企業の実質負担は100万円で済むのです。この補助によって、資金面での負担が大きく軽減されます。経営が厳しい状況にある企業にとって、この経済的サポートは非常に心強いものとなるでしょう。

金融機関との関係改善につながる

経営改善計画は、金融機関とのコミュニケーションツールとしても非常に重要です。以下のような効果が期待できます。

1. 借入金の返済条件の見直し

計画を示すことで、返済期間の延長や金利の引き下げなどの交渉がしやすくなります。

2. 新規融資の可能性

将来の成長戦略を具体的に示すことで、新たな資金調達の道が開ける可能性があります。

3. 信頼関係の構築

自社の現状と今後の方針を明確に伝えることで、金融機関との信頼関係が深まります。

4. 経営改善の進捗確認

定期的に計画の進捗を報告することで、金融機関の安心感につながります。

 

認定支援機関の支援を受けて作成された信頼性の高い計画は、金融機関にとっても判断材料として重要です。これにより、金融機関との良好な関係を築き、安定した資金調達の基盤を作ることができるのです。

 

以上のメリットは、単に計画を策定するだけでなく、その後の実行段階でも大きな支えとなります。経営改善計画策定支援事業は、中小企業が未来に向けて大きく飛躍するための強力な武器となるのです。

支援事業の対象となる企業

経営改善計画策定支援事業は、すべての企業が利用できるわけではありません。ここでは、この支援事業の対象となる企業について、中小企業者の定義に当てはまれば、ほとんどの業種が支援事業の対象となります。ただし、以下のような追加条件があります。

 

  • 財務上の課題を抱えていること 例:2期連続の赤字、債務超過、売上の著しい減少など
  • 事業の継続性と発展可能性があること 廃業を前提とした計画は対象外
  • 金融機関等の支援が見込めること メインバンク等との協調が必要です

 

支援事業の利用を検討する際は、まず自社がこれらの条件に該当するかを確認することが重要です。条件に該当するかどうか判断に迷う場合は、最寄りの商工会議所や商工会、中小企業団体中央会などに相談するのがよいでしょう。これらの機関では、支援事業の申請手続きのサポートも行っています。

 

経営改善に取り組む意欲があり、上記の条件を満たしていれば、ぜひこの支援事業を活用することをお勧めします。専門家のサポートを受けながら、自社の未来を切り開く計画を策定できる貴重な機会です。

経営改善計画策定のステップ

経営改善計画策定のステップ

 

経営改善計画の策定は、自社の未来を描く重要なプロセスです。ここでは、計画策定の主要なステップを詳しく見ていきましょう。

現状分析:経営課題の洗い出し

まず最初に行うのは、自社の現状を客観的に分析することです。これは、いわば企業の健康診断のようなものです。

 

主な分析項目

  1. 財務状況(売上、利益、キャッシュフローなど)
  2. 市場環境(業界動向、競合状況)
  3. 内部環境(組織体制、人材、設備など)
  4. SWOT分析(強み、弱み、機会、脅威)

 

この段階では、数字だけでなく、従業員の声や顧客の評価なども重要な情報源となります。専門家のサポートを受けることで、自社だけでは気づきにくい課題も浮き彫りになるでしょう。

目標設定:実現可能な改善目標の設定

現状分析に基づいて、今後3〜5年程度の期間で達成すべき目標を設定します。

 

目標設定のポイント

  1. 具体的で測定可能な数値目標を立てる
  2. 達成可能かつ挑戦的な目標を設定する
  3. 企業のビジョンや経営理念と整合性を取る
  4. 短期、中期、長期の目標をバランス良く設定する

 

目標は、全社員が理解し、共感できるものであることが重要です。

アクションプラン:具体的な改善策の立案

目標を達成するための具体的な行動計画を立案します。ここが経営改善計画の核心部分と言えるでしょう。

 

アクションプラン策定のポイント

  1. 優先順位をつけて取り組む課題を明確にする
  2. 各施策の実施時期、担当者、必要な資源を明確にする
  3. 短期的な対症療法と中長期的な体質改善策をバランス良く盛り込む
  4. 実現可能性を十分に検討する

 

例えば、「新規顧客獲得のためのWeb広告強化」「原価低減のための仕入先の見直し」「社員教育制度の充実」などが具体的な施策として挙げられます。

数値計画:財務計画の作成

最後に、アクションプランを数値化し、財務計画として落とし込みます。これにより、計画の実現可能性や資金繰りの見通しが明確になります。

 

財務計画に含める主な項目

  1. 損益計画(売上高、売上原価、販管費、営業利益など)
  2. 資金計画(運転資金、設備投資、借入金返済など)
  3. 貸借対照表の予測

 

財務計画は、楽観的すぎず、かといって悲観的すぎず、現実的な数値を設定することが重要です。また、計画と実績の差異分析ができるよう、ある程度詳細な内訳も作成しておくと良いでしょう。

 

これらのステップを丁寧に踏むことで、実効性の高い経営改善計画が策定できます。ただし、計画策定はゴールではなく、むしろスタート地点です。計画策定後は、PDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)を回しながら、継続的に改善を進めていくことが成功への鍵となります。

 

専門家のサポートを受けながら、自社の未来を明るく照らす羅針盤として、経営改善計画を活用していきましょう。

支援事業の申請方法

経営改善計画策定支援事業の利用を決めたら、次は申請手続きです。ここでは、申請に必要な書類と、申請から承認までの流れを詳しく解説します。

必要書類の準備

申請には以下の書類が必要です。事前に準備しておくと、スムーズに手続きを進められます。

 

1. 申請書

  • 所定の様式があります。各地域の認定支援機関で入手できます。

 

2. 企業概要資料

  • 会社案内やパンフレットなど、事業内容が分かる資料

 

3. 決算書(直近3期分)

  • 貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、注記表

  • 個人事業主の場合は確定申告書と青色申告決算書

 

4. 残高試算表(直近のもの)

 

5. 金融機関別借入残高一覧表

 

6. 資金繰り表(直近および今後の見通し)

 

7. 経営課題の概要と今後の事業計画の方向性を記載した書面

  • 自社で作成したもので構いません。現状認識と今後の展望を簡潔にまとめましょう。

 

8. 認定支援機関による確認書

  • 認定支援機関(商工会議所、税理士、中小企業診断士など)に事前相談し、作成してもらいます。

申請から承認までの流れ

1. 事前相談

  • まずは最寄りの商工会議所や認定支援機関に相談しましょう。

  • 支援事業の対象となるか、申請書類の準備などについてアドバイスを受けられます。

 

2. 申請書類の作成

  • 必要書類を揃え、申請書を作成します。

  • 不明点があれば、認定支援機関に相談しながら進めましょう。

 

3. 申請書の提出

  • 作成した申請書類一式を、認定支援機関を通じて提出します。

  • 直接、中小企業活性化協議会に提出することもできます。

 

4. 審査

  • 提出された書類をもとに、支援対象となるかどうかの審査が行われます。

  • 審査期間は通常2〜4週間程度ですが、案件によって異なる場合があります。

 

5. 承認通知

  • 審査を通過すると、承認通知が届きます。

  • この通知をもって、正式に支援事業の利用が可能となります。

 

6. 専門家の選定

  • 承認後、中小企業活性化協議会から紹介された専門家の中から、自社にとって最適な支援者を選びます。

 

7. 計画策定開始

  • 選定した専門家と共に、具体的な経営改善計画の策定作業に入ります。

申請のポイント

• 早めの相談と準備が鍵です。資金繰りが逼迫してからでは遅い場合があります。

• 申請書類は正確かつ丁寧に作成しましょう。不備があると審査に時間がかかる可能性があります。

• 現状と課題を率直に記載することが重要です。問題を隠さず、改善への意欲を示しましょう。

• 認定支援機関との良好な関係構築が、スムーズな申請につながります。

 

経営改善計画策定支援事業の申請は、決して難しいものではありません。専門家のサポートを受けながら、一歩一歩進めていけば、必ず道は開けます。この支援事業を、自社の再生と成長のチャンスとして、積極的に活用してください。

よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)

 

経営改善計画策定支援事業について、経営者の皆様からよく寄せられる質問にお答えします。

Q:費用はどのくらいかかるの?

A:費用は案件の複雑さや規模によって異なりますが、通常200万円〜300万円程度です。ただし、この支援事業では費用の2/3(上限200万円)が補助されます。

 

総費用が300万円の場合:企業負担は100万円、補助金は200万円

総費用が240万円の場合:企業負担は80万円、補助金は160万円

 

重要なポイント

費用の詳細は、案件の内容を確認した後に決定されます。

補助金は事後に支払われるため、いったん全額を立て替える必要があります。

分割払いなど、支払い方法の相談も可能な場合があります。

Q:計画策定にはどのくらいの期間がかかるの?

A:一般的に、3ヶ月〜6ヶ月程度かかります。ただし、企業の規模や課題の複雑さによって変わってきます。

 

重要なポイント

じっくり腰を据えて取り組むことで、より実効性の高い計画が策定できます。

一方で、危機的状況にある場合は、スピードも重要です。状況に応じて柔軟に対応しましょう。

計画策定中も通常業務は継続するため、社内の協力体制づくりが重要です。

 

これらの質問以外にも、不明点や懸念事項があれば、遠慮なく認定支援機関に相談してください。一つ一つ疑問を解消しながら、自社にとって最適な経営改善計画を策定していきましょう。

 

資金繰り・資金調達など財務でお困りの方は「無料相談」をご利用下さい。

 

無料相談受付

まとめ

経営改善計画策定支援事業は、中小企業にとって、まさに企業再生と成長への道を切り開く強力なツールです。ここで、この支援事業の意義と活用のポイントを改めて整理しましょう。

1. 客観的な現状把握の機会

経営改善計画の策定プロセスは、自社の現状を客観的に見つめ直す貴重な機会です。日々の業務に追われていると気づきにくい強みや弱み、潜在的な機会や脅威が明確になります。これは、今後の経営の羅針盤となる重要な情報です。

2. 専門家の知見を活用

認定支援機関の専門家のサポートを受けられることは、この支援事業の大きな強みです。彼らの知見や経験は、実効性の高い改善計画の策定に不可欠です。遠慮なく質問し、アドバイスを積極的に取り入れましょう。

3. 全社一丸となった取り組み

計画策定のプロセスに社員を巻き込むことで、全社的な危機意識の共有と、改善に向けた意識統一が図れます。これは、計画実行段階での大きな推進力となります。

4. 金融機関との関係改善

綿密に策定された経営改善計画は、金融機関との交渉における強力な武器となります。返済条件の見直しや新規融資の可能性が広がるだけでなく、金融機関との信頼関係構築にもつながります。

5. 補助金による経済的負担の軽減

費用の2/3(上限200万円)が補助されるこの支援事業は、資金面での負担を大きく軽減します。この機会を積極的に活用し、専門家の力を借りて質の高い計画を策定しましょう。

6. 継続的な改善サイクルの確立

経営改善計画の策定は、ゴールではなく新たなスタートラインです。計画策定後も、PDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)を回し続けることが重要です。これにより、環境変化に柔軟に対応できる強靭な企業体質を築けます。

7. 未来を見据えた経営vision

経営改善は単なる財務改善にとどまりません。自社の強みを活かし、新たな成長機会を見出すことも重要です。中長期的なビジョンを描き、そこに向かって着実に歩を進めていくことが、真の企業再生につながります。

 

経営の舵取りは決して楽ではありません。しかし、この経営改善計画策定支援事業は、その道のりを照らす強力な光明となるでしょう。現状に課題を感じているなら、勇気を出して一歩を踏み出してください。

 

エクステンドでは、経営者からの無料相談を受け付けています。粉飾決算がもう限界、新たな資金調達を得たいや、返済・資金繰りが厳しいなどの財務でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。まずは下記バナーより「無料相談」をご利用ください。

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう