2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > ○○○に聞くと・・・

○○○に聞くと・・・

あなたの会社が、資金繰りが厳しくなってきたとき、どうするでしょうか。

ご自身で解決しようとする方、人に相談しようとする方、いろいろだと思います。

ただ、もしあなたが経営者でしたら、そのような状態にしたのは、経営者であるあなたとなります。

そう考えると、人に相談した方がいいでしょうね。

では、人に相談する場合、誰に相談したらよいでしょうか。

1.顧問の税理士

税理士は、税務の専門家です。決して資金繰りの専門家ではありません。

勉強している税理士であればまだしも、多くの税理士は、資金繰りなどの相談の解決策を満足に考えられないです。

あなたの顧問税理士がどうであるか、見極めることが必要です。

2.弁護士

よく、法律相談会がいたるところで開催されています。

そのような場などで、弁護士に相談する場合、弁護士の特徴として、法的整理が得意、ということがあります。

また、会計については詳しくない人が多いです。

弁護士は、職業柄、どうしても破産・民事再生などの法的整理を勧めがちです。

破産・民事再生での解決をしたいのならまだしも、そうでなければ、弁護士が法的整理一辺倒の人でないか、見極める必要があるでしょう。

そうでないと、実際は破産の必要がない場合だったにもかかわらず、破産になってしまうことにもなりかねません。

3.コンサルタント

コンサルタントは、資金繰りなど、多くの事例にあたってきていますので、良い解決法を考えてくれたりします。

ただ、それなりのお金はかかりますが、会社が救えるのであれば、必要経費と考えてよいでしょう。

4.家族・親戚・知人

会計・資金繰りなどに詳しいひとであればいいのですが、そうでなければ、

「金利が高くてもお金を借りたら今月はしのげるね。」

というような、その場しのぎの解決法を考える傾向にあるような気がします。

しかし、会社を建て直すには、今月しのげればいい、というものではありません。

逆に、高金利で、保証人もつけて無理に借りることによって、今後保証人に迷惑をかけるなど、傷を広げてしまうこともあります。

家族・親戚・知人は、一番相談しやすい人ですが、知識がしっかりあるか、その場しのぎではなく長期的な視点から解決法を考えてくれるかなど、しっかり見極めてください。

以上、代表的な4つの相談相手について見てきました。

ただ、誰に相談するにしても、

「時間は待ってくれない。」

これだけは、頭にとどめておいていただきたいです。

「今月は、なんとか消費者金融から集めて、しのぐことができた。」

このような場合、赤信号です。今月だけしのげればいいものではありません。また来月だけしのげればいいものではありません。

このような状態の会社であれば、いっこくも早く人に相談し、長期的に会社が生き残っていくために、解決法を考えていくべきです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop