コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 一見客の警戒

一見客の警戒

銀行は、一見客で、融資を申し込みに来る会社を警戒します。

なぜなら、一見客で融資を申し込まれる方は、他の銀行で融資を申しこんでくる方が多いからです。

なぜ、その銀行に融資を申し込みに来たのか、銀行はその理由を探ってきます。

近隣であるから、というのがもっともらしい理由となりますが、それだけでは理由として弱いです。

銀行に、一見客に見られないようにするためには、

・誰かから紹介してもらう。
・預金など、取引を前から行っておく。

などの方法があります。

ただ、誰かからの紹介をもらうためには、融資を申し込もうとする銀行と、通じている人を探し出さなければなりません。

知人の社長、顧問税理士、コンサルタントなど、紹介を依頼できる人はいろいろですが、そのような人がまわりにいないか、見てみましょう。

また、預金口座を作成し、そこで振込みなど、取引をあらかじめ行っておく、という手もあります。

そうすれば、

「預金口座があり、その口座を活発に利用しているから。」

という、なぜその銀行に融資を申し込んだのかの理由ができます。

将来、融資を申し込むために、預金口座を増やすことも考えておきましょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう