コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 担保評価の高低

担保評価の高低

先日、ある企業から依頼のあった資金調達で、1億円の資金調達に成功しました。

すでにその不動産を担保に借りていた金額は7,500万円あったので、借り換えも含めて、2,500万円が手元に残ったのですが、資金調達の成功は、不動産を高い評価で見てくれる金融機関の存在が大きかったです。(もちろん、交渉は大変でしたが。)

例えば、時価評価1億円の不動産があるとします。その時価評価は土地のみとし、建物は評価しないものとします。(銀行では建物の価値はあまり見ません。)

銀行は、たいていは時価の70%を、担保価値と見ます。

ということは、時価1億円の不動産でも、担保価値は7,000万円として見られます。

現在、一つ、もしくはいくつかの金融機関で、その不動産を担保にした借入が7,000万円あるとしたら、その不動産を担保にして、すでに取引のある、もしくは新たな金融機関からの借入は、難しくなります。

業況の良い企業であれば、担保がなくても借りることができることもありますが、業況の厳しい企業であれば、困難でしょう。

しかし、担保価値を90%で見てくれる金融機関があったとします。

その金融機関は、時価評価1億円の不動産の担保価値を、9,000万円で見てくれます。

ということは、2,000万円を借りやすくなる、ということです。

銀行の、時価評価に対する担保価値は、70%で見ますが、国民生活金融公庫、信用保証協会は、もう少し高く見ます。

他にも、担保価値を高く見てくれる金融機関があります。今回の資金調達は、その金融機関をなんとか探し出して、行ったものです。

会社名義でも個人名義でも、所有している不動産があるのなら、担保評価を高く見てくれる金融機関を選択するのも一つの手です。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう