コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行から融資を受けるための対策とは

銀行から融資を受けるための対策とは

銀行から融資を受けるために、どうすればいいのでしょうか。

一番の対策は、

「日ごろからの対策」

です。

特に、決算書対策。多くの中小企業が、「節税型」、つまり利益を落として税金支払額を抑えるための決算書の作り方をしていて、それでいざ融資を申込むときになって、銀行から

「利益がほとんどないので融資は難しいですね。」

というようなことを言われてしまうのです。

税理士は、税金を下げるプロですが、銀行から融資を受けるプロではありません。

あなたの会社が、たえず融資を必要とする会社である場合は、このような節税型の決算書を作っていれば、大きな支障が出てしまいます。

将来融資を申込むときのために日ごろからの対策をとっておくことが、大事です。

銀行から融資をうけるための一番の対策は、日ごろからの対策です。

また、複数の銀行に口座をもっておき、そこで売上入金、振込みなどの取引を活発に行い、銀行からの信用を高めておくのも大事です。

できれば、銀行から担当者が訪問してきてくれるような、そこまでの親密なつきあいができるようになっておくとよいでしょう。

日ごろから、銀行と取引を深めておくことによって、融資は有利となります。

銀行が嫌う客、それは、

「一見客」

です。

見ず知らずの企業が、いきなりとびこんできて、

「融資を受けたいんですが・・・」

といわれても、銀行としては、身構えてしまいます。

「なぜ、うちの銀行に来たんだろう・・・」

と考え、そのような、一見の企業に融資を出すことは、ほとんどありません。

日ごろから、複数の銀行で取引を活発にして、銀行からの信用を得ておくことが大事です。

多くの企業が、そのような日ごろからの努力をせず、融資の申込みが通らないといって、悩みを抱えてしまいますが、融資を必要とする企業は、日ごろから対策をとっておきましょう。

それが、後になって効いてきますよ。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう