M&A(事業承継)

  1. ホーム
  2. > M&A(事業承継)
  3. > コラム
  4. > 経営手法の有益なM&Aというカード

経営手法の有益なM&Aというカード

「私の会社はM&Aを実施すべきでない」このようにお決めになられている経営者様は、いらっしゃいますでしょうか。

 

M&Aは中小企業においても、ここ数年で非常に根付き、新聞やネットに関連記事が記載されない日を探す方が、難しい程になりました。「経営手法の有益なM&Aというカード」をお持ちいただきたいという話をいたします。

経営手法の有益なM&Aというカード

冒頭の質問に対し、「YES」と返答いただける経営者様は、下記2パターンに分かれます。

 

①自社の分析ができていらっしゃる素晴らしい経営者様

②それ以外の経営者様

 

上記①の経営者様は、M&Aを深く理解し、自社の規模・業界、組織、財務状況などを含めご判断されております。そのため、M&A経営の選択肢としないことをステークホルダーに明快に説明ができ、疑問や不安感を感じさせません。※ステークホルダー:株主、従業員、取引銀行、取引先など

 

一方、上記②の経営者様は、何となくで、判断されているので、ステークホルダーに説明すると、疑問や不安感を抱かせてしまいます。

 

普段、M&Aの新聞記事などを目にされているため、自身ではM&Aを理解していると思い込んでいる経営者様です。このような方が、意外と多いように感じます。

 

新聞の一面を飾るようなM&Aが自社に当てはまらないとは理解しているが、規模、業種、財務状況、組織体系、市況などを自社に当てはめて、M&Aを深く理解された経営者様は、非常に少ないと存じます。

 

この状況に対して「もったいない・・・」心からこのように感じます。

 

私は、多くの経営者様に、「M&Aという経営カード」をお持ちいただくべきであると考えております。それは、自社にM&Aを当てはめ、分析してみることから始まります。

 

まずはお持ちになり、そのカードを「使用するか」「使用しないか」「タイミングを図るか」などの判断は、次の段階であると考えていただくと良いと存じます。

 

ご関心がございましたら、ご相談いただければと存じます。

【無料】M&Aに関するお電話・メールでのご相談はこちら
 http://www.ma-consultant.jp/contact/

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう