M&A(事業承継)

  1. ホーム
  2. > M&A(事業承継)
  3. > コラム
  4. > 会社を売却する主な理由とは

会社を売却する主な理由とは

会社を売却する主な理由とは

会社を売却理由で最も多いと言われているのが「後継者の不在」です。世間では「事業承継」問題として、金融機関や税理士など多く企業が窓口として、「事業承継」の問題を取り扱っています。

 

親族内での承継ではなく、第三者への承継(売却)をすることで会社を継続させ、従業員や取引先を守っていくという方法です。

 

また、近年多くなっている売却理由が、今回のZOZOとヤフーの様に、大手企業の傘下に入りシナジー効果を発揮し、企業成長を目指すことを目的として売却です。

 

こういった理由で売却される経営者は比較的若くて勢いのある会社が多いように感じます。同様に、事業を立ち上げて軌道に乗ったタイミングで第三者へ売却するという経営者(事業家)もいらっしゃいます。

意外と多い業績不振での会社売却

実は後継者不在の理由も大きく2つに分けることができます。1つは、【本当に後継者がいない】場合です。親族内に後継者がおらず第三者への引継ぎを検討するというケースです。

 

もう1つは、【後継者はいるが、自分の会社を継がせたくない】という理由です。

なぜ、継がせたくないのか?

業界全体の将来性の不安や業績の不振などの経営不振という理由からです。

 

後継者はいるが、経営不振や今後の業績不安から親族には会社を継がせるつもりがない経営者も非常に多いのです。

 

様々な理由で売却を検討した企業の事例

経営者の中には下記の理由で会社の売却を検討された方もいます。

 

例えば・・・

 

  • 東京本社の企業で、福岡支店のみを事業譲渡で売却した経営者
  • 複数の事業を持っている事業会社が業績不振の事業を売却し資金調達した経営者
  • ホールディングス会社が子会社を株式譲渡した経営者
  • 株式の一部を譲渡して緩やかな資本業務提携を行い、企業を成長させた経営者

 

会社を売却する理由は人ぞれぞれです。

 

  • 現在の状況から脱したいと考え売却を検討する経営者
  • 会社をより良い方向へ導くために一部の事業を売却する経営者
  • 会社や事業を売却して新たな新規事業を立ち上げようとする経営者

 

この様に会社や事業を売却することが、経営の課題解決に大きな役割を果たすということがお分かりいただけましたでしょうか?

最後に

会社を売却する理由は、数多くあり、その時々の状況で経営者が判断していることがお分かり頂けたと思います。

 

ここ最近、M&Aも中小企業の経営戦略上で重要な手段の1つとなっています。

 

  • 「資金調達」を目的として事業や会社の売却
  • 「業績不振」からの脱却を目的とした事業や会社の売却
  • 「経営拡大」を目的とした大手資本の傘下にはいるための事業や会社の売却

 

M&A=「経営者の引退」ということではなく、経営戦略の1つとして「M&A」を捉えてみては如何でしょうか?

 

弊社においてもM&Aの相談会を定期的に実施しております。お気軽にご相談ください。

【無料】M&Aに関するお電話・メールでの相談はこちら

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう