2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 新しい銀行から期間1年の融資を提案されたら

新しい銀行から期間1年の融資を提案されたら

私の会社は、いろいろな金融機関と、やり取りがあります。

私の会社に相談に来られた企業を、それら金融機関に紹介し、融資の審査を行ってもらうことも、多くあります。

そして、多くの場合、返済期間1年の融資を提案されます。

しかし、企業の社長で、よくこのようなことを話される方がいます。

「1年の返済では厳しいよ。」

銀行は、今まで取引したことのない企業に融資を出すとき、プロパー資金(保証協会の保証がついていない融資)では、

「まずは短期返済の融資から」

というのがセオリーになっています。

私も銀行員時代、新規の企業に融資を行うときは、まずは短期から、というのが、融資のセオリーとして、支店長・上司から口すっぱく言われました。

はじめの融資で、2年・3年以上の返済期間となるのは、よほどの優良企業なのです。

ほとんどの企業は、保証協会付でないかぎり、まずは短期(1年以内)の返済期間の融資から、となります。

そして、半年程度返済実績をつけてから、1年を超える長い返済期間の融資が借りられるようになります。

イメージ的には次のような感じです。

1.新しい銀行で20百万円・期間1年の融資を借りる。

2.半年で10百万円が返済となる。

3.その時に、その銀行で、20百万円、期間3年の融資を借りる。(その時の融資合計は30百万円)

また、3の段階で、次の新しい銀行から融資を受ける、ということも、選択肢として考えられます。

最近は、ビジネスローンで審査を行う銀行が多くなっており、プロパー資金(ビジネスローンはプロパー資金です。)が借りやすくなっております。

新しい銀行に融資を申し込んで、1年返済の融資の提案をされたら、まずは借りておいた方がいいでしょう。

銀行は、返済実績があって、期間が長い、また金額の大きい、融資が受けられるようになってきます。

期間1年の融資でも、借りておかなければ、より期間の長い融資を受けられるようにはならないのです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop