2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行から融資を受けるための対策とは

銀行から融資を受けるための対策とは

銀行から融資を受けるために、どうすればいいのでしょうか。

一番の対策は、

「日ごろからの対策」

です。

特に、決算書対策。多くの中小企業が、「節税型」、つまり利益を落として税金支払額を抑えるための決算書の作り方をしていて、それでいざ融資を申込むときになって、銀行から

「利益がほとんどないので融資は難しいですね。」

というようなことを言われてしまうのです。

税理士は、税金を下げるプロですが、銀行から融資を受けるプロではありません。

あなたの会社が、たえず融資を必要とする会社である場合は、このような節税型の決算書を作っていれば、大きな支障が出てしまいます。

将来融資を申込むときのために日ごろからの対策をとっておくことが、大事です。

銀行から融資をうけるための一番の対策は、日ごろからの対策です。

また、複数の銀行に口座をもっておき、そこで売上入金、振込みなどの取引を活発に行い、銀行からの信用を高めておくのも大事です。

できれば、銀行から担当者が訪問してきてくれるような、そこまでの親密なつきあいができるようになっておくとよいでしょう。

日ごろから、銀行と取引を深めておくことによって、融資は有利となります。

銀行が嫌う客、それは、

「一見客」

です。

見ず知らずの企業が、いきなりとびこんできて、

「融資を受けたいんですが・・・」

といわれても、銀行としては、身構えてしまいます。

「なぜ、うちの銀行に来たんだろう・・・」

と考え、そのような、一見の企業に融資を出すことは、ほとんどありません。

日ごろから、複数の銀行で取引を活発にして、銀行からの信用を得ておくことが大事です。

多くの企業が、そのような日ごろからの努力をせず、融資の申込みが通らないといって、悩みを抱えてしまいますが、融資を必要とする企業は、日ごろから対策をとっておきましょう。

それが、後になって効いてきますよ。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop