2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > M&Aの相談をしたい時に準備する資料は何ですか?

M&Aの相談をしたい時に準備する資料は何ですか?

【質問】

運送会社のM&Aを考えています。
相談に乗って頂くのにどの様な資料が有ればよろしいでしょうか?
決算書、土地・建物の登記簿謄本、他なにが必要でしょうか?
年商2億円ぐらいです。後継者はいないそうです。

(A様)

【回答】

M&Aの対象を何にするのかによります。
例えば会社全体なのか、特定の事業だけなのか、ということですが
会社全体と考えれば全て包括されるので、ここでは会社全体と考えて、
ご回答します。

何よりも、考えるべき基盤となるのは
・どれほどの資産をもつのか
・どれほどの収益力をもつのか

の2点です。貸借対照表と損益計算書が同じ様なものになります。

しかし、銀行の財務分析が、
「会社が今倒産したとして、負債を全て返すことができるか」
という見方から、全ての資産(不動産、有価証券など)を簿価から時価に
引き直すものが中心なのに対して、

M&Aの際に考えるべきものは
「事業は存続するとして、どれほどの有効な資産を持っているのか、
それは将来的な収益を生むものなのか」に、重心が置かれます。

例えば売掛の内容等は決算書の通りとしても、
固定資産等について、将来的に利益を得る価値としての算定が必要になります。

具体的には、運送会社でいらっしゃるのであれば、
「車両の明細」「車検証(の写し」のようなものはご準備下さい。
また、将来的な収益性を考えると、現在の売上の源泉である「顧客台帳」も
用意しておきましょう。

とはいえ、実務上M&Aはかなり慎重にことを進めるべきですから、
何らかの形で専門家を介入させるべきでしょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop